サンゲツの「防汚壁紙」なら、おうちのキレイが続く!(2022年5月24日 現場ブログ更新)

こんにちは。宮前区リフォーム会社のマサキホーム株式会社、柳沢です。
新築当時やリフォームしたての頃にはピカピカだった壁紙も、生活する中で少しずつ汚れてゆきます。汚れた壁紙は不衛生なだけでなく、部屋が暗く見えてしまいます。だからといって、日頃から壁紙のすみずみまで拭き掃除することは、なかなかできるものではありませんね。

今回はサンゲツの「防汚壁紙」についてお伝えします。「防汚壁紙」とは汚れにくい、汚れがついても落としやすい壁紙のことです。もともと汚れにくいクロスなら、お手入れをするのも楽ちんですね。壁紙の貼り替えをお考えの方、壁紙の汚れやすい場所があってお困りの方はぜひご参考にしてください。

 

1.壁紙の貼り替えリフォームについて解説します!

防汚壁紙についてお伝えする前に、まずは壁紙の貼り替えをするタイミングや費用の相場についてお伝えします。

▣日本の住宅の壁は90%が壁紙仕上げ

壁紙は日本の住宅ではもっともポピュラーな内装仕上げです。壁紙は下地や木材を汚れや傷から守る役割をしてくれます。豊富なバリエーションで室内の雰囲気づくりにも役立ちます。壁紙を貼り替えるだけで、お部屋の印象はずいぶん変わります。

▣壁紙を貼り替えるタイミングとは?

壁紙の貼り替えの目安は約10年と言われています。とはいえ、壁紙の貼り替えとなると家具の移動など大がかりな作業になるため、なかなか目安どおりに実施できる方は少ないと思います。汚れや剥がれが気になる時に貼り替えるのはもちろんですが、ご家族の独立、部屋の模様替え、大型の家具・家電を買い替えるタイミングなどの節目で貼り替えを実施されるのもおすすめです。

▣壁紙貼り替え費用の相場とは?

1㎡あたりの貼り替え費用は、壁紙のグレードによって異なりますが、1,200円~2,000円が相場です。工期は1部屋なら1日で済みます。ちなみに6畳程度の部屋では45㎡、12畳程度の部屋では70㎡分の壁紙が必要となります。

 

2.サンゲツの「防汚壁紙」はこんな種類があります

サンゲツの「防汚壁紙」は4種類あります。ご使用の目的に合わせてお選びください。なお「防汚壁紙」のおすすめ施工場所は、キッチン、ダイニング、リビング、洗面所、トイレ、子ども部屋、玄関、階段ホールなどです。水を使う場所や人がたくさん行き来する場所はどうしても汚れやすいので、貼る壁紙を工夫するとお手入れが楽になりますね。

▣フィルム汚れ防止壁紙

安全性の高いエバール®フィルムをラミネート加工した壁紙で、付着した汚れが拭き取りやすくお手入れのしやすい壁紙です。(エバール®は株式会社クラレの登録商標です)

●毎日のお手入れが簡単
ビニール壁紙では落ちにくい油汚れや手あか落書きたばこのヤニ汚れも、消毒用アルコールを使って落とせます。
●表面が強く、傷がつきにくい
表面強度にも優れているため、物がぶつかったときなど壁紙に傷がつくことを防止します。
●抗菌性が高い
安全性に優れた無機銀系抗菌剤を使用しています。これは大腸菌、黄色ブドウ球菌、MRSA等の増殖を抑えます。エバール®フィルムは主にラップなど食品用として利用されている安全性の高いフィルムです。(エバール®は株式会社クラレの登録商標です)

サンゲツより引用

▣ウレタンコート壁紙

壁紙の表面に、環境にやさしい水性のウレタン樹脂をコーティングし、表面強度をアップさせています。傷に強く、物がぶつかったときにも傷がつきにくいので安心です。一般壁紙に比べて汚れを拭き取りやすく、メンテナンス性にも優れています。施工性もよく、マットな質感で美しい仕上がりは、玄関・ホールなど人目につきやすい場所におすすめです。

サンゲツより引用

▣ハードストレッチ壁紙

表面強度とストレッチ性に富んだ壁紙です。傷や汚れに強く、ストレッチ性がひび割れを軽減してくれます。消臭機能、抗菌・防カビ効果もあります。表面に撥水コートが施されているので汚れが拭き取りやすく、お手入れも簡単です。リフォームにもおすすめの壁紙です。

サンゲツより引用

▣スーパー耐久性(ペット対応)

ペットと暮らしている方にとって、お悩みの上位があがるのがペットによる壁のひっかき傷。そんな方におすすめのひっかき傷にも強い壁紙です。

サンゲツより引用

●一般ビニール壁紙よりひっかき傷に強い
表面の「エバール®フィルム」加工と傷がつきにくい表面構造により、犬や猫などの爪による傷に効果があります。
●一般ビニール壁紙より衝撃に強い
うっかり物をぶつけてしまっても傷がつきにくく安心です。
●においをバリアする
エバール®フィルムのバリア機能で、壁紙にニオイ成分が吸着しにくいため、換気をすればお部屋にニオイがこもりません。
●抗菌性、汚れ防止にも効果的
抗菌性に優れており、汚れも落としやすくお手入れも簡単です。

 

3.アクセントクロスにもおすすめ

せっかく壁紙を貼り替えても「ちょっとキレイになったぐらいで、大して変わり映えしない……」というのでは、ちょっともったいないですね。そこで部分的に壁紙を貼り分けるアクセントクロスがおすすめです。今回ご紹介しているサンゲツの「防汚壁紙」も、色や柄の豊富なバリエーションが展開されていますよ。


サンゲツより引用

▣アクセントクロスを選ぶときのコツ

アクセントクロスを選ぶ際のポイント「部屋の大きさ」と「柄の大きさ」と「色の濃淡」です。例えば「狭い部屋」の大部分に「柄の大きい」「色の濃い」壁紙を貼ってしまうと、部屋が一層狭く感じてしまいます。「アクセント」とは「人目をひきつけるために付け加えるもの」という意味です。強調しすぎることのないように「ベースになる壁紙」>「アクセントクロス」という感じで部屋全体のバランスを考えましょう。一般的に部屋全体の20%~30%が綺麗に見える比率と言われています。

▣アクセントクロスを選ぶときの注意点

アクセントクロス選びで失敗しないためには、大きめのサンプルを当てて確認しましょう。小さいサンプルで確認すると実際に壁に貼ったものよりも色が濃く感じることが多いようです(同じ色でも小さい面のものは濃く、大きい面のものは薄く感じる)。サンプルよりも1段濃い、暗いトーンを選ぶとイメージに近くなります。また、部屋の照明によっても色の印象は変わりますので、考慮しましょう。

 

4.まとめ

今回はサンゲツの防汚壁紙についてお伝えしました。壁紙の貼り替えは大がかりな作業になるため、何らかのきっかけがないとなかなか実施しづらいリフォームかも知れません。しかし壁紙を貼り替えれば部屋全体が明るくなり、気分も一新されるはずです。壁紙の貼り替えはリフォームの中では工期や費用も比較的安い費用で実施できるため、費用対効果の高いリフォームと言えるでしょう。壁紙のリフォームでおうちをグレードアップしてみませんか?

 

◆壁紙の貼り替えリフォームは「マサキホーム」までご用命ください!

リフォームは事前の細やかな聞き取りが肝心です。「こんな感じにしたい」「この部分に不便を感じている」といった些細なことでも、お気軽にご相談ください。

施工の内容についてはもちろん、費用や工事日数に関しても、経験豊富なスタッフがお答えいたします。どうぞご遠慮なく、お気軽にお問い合わせ頂ければ幸いです。

 

 □■ お電話でのお問い合わせは
    フリーダイヤル 0120-910-615 ■□
 □■ メールでのお問い合わせは
    info@masaki-home.com ■□

マサキホーム㈱ お問合せ窓口 担当 山根 

 

  外壁工事に関する情報はこちらを ご覧ください! 

 

tel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です