外壁塗装で失敗しないためのポイント(2021年2月19日 現場ブログ更新)

川崎市宮前区リフォーム会社のマサキホームです。

家の外壁ヒビ汚れが目立ってきたという方はいませんか?
それは外壁を塗り替えた方がいいサインです。
しかし、外壁塗装をしたことがない方は、どこの業者に頼めば良いかわかりませんよね。
施工業者に問い合わせをしてみたけど、いまいちピンとこない…という方もいるでしょう。

外壁は家を守るために大切な部分です。そのため、外壁の施工を失敗してしまうと、家全体に影響が出てしまいます。
せっかく建てた家だからこそ、何年も安全な状態で住み続けたいですよね。
そこで今回は、皆さんが外壁塗装で失敗をしないよう、いくつかポイントをご紹介します。

 

1.外壁塗装をする必要が本当にあるのか確認

皆さんの中には、訪問販売や業者に「外壁塗装をした方がいい」と言われたことで、外壁塗装を検討している方はいませんか?
もしそうであれば、注意が必要です。
本当に外壁塗装をする必要があるのか、ご自身の目で確かめてください。
本当に補修が必要な場合ももちろんありますが、中には補修の必要がないのに補修を進めてくる悪徳業者も存在します。

外壁塗装の寿命の目安は長くて10年〜20年。塗料によっては3〜4年で塗装しなければならない場合もあります。
しかし、外壁塗装に対する知識がないと、補修をするべきかどうかはわかりませんよね。
そこでチェックしてもらいたいポイントがこちら。

*チョーキング現象(触ると手に白い粉がつく)

*カビやコケが生えている

*塗装にひび割れがあったり、剥がれたりしている

*金属部分がサビている

もし、皆さんの家の外壁に写真のような現象が見られましたら、それは外壁塗装のサインです。
逆に、前回の塗装から10年も経っておらず、上記のような現象が見られない場合は塗装をする必要はありません。業者の口車に乗せられて契約しないようにご注意ください。
ご心配な方は、しっかりと信用ができる業者や知人に見てもらうことをおすすめします。

 

2.営業マンの対応をチェック

業者に依頼をした際、初めて関わることになる相手は営業マンであることがほとんどです。
営業マンは実際に施工をするわけではないため、業者選びでは重要視しなくても良いのではないかとお考えの方も多いでしょう。
しかし、営業マンの対応は業者選びの重要な基準です。
もし専門用語ばかりを使って説明できる営業マンの場合、業者が有利になるように誘導しているかもしれません。
知らない単語を並べられると、全く理解ができず、不安でいっぱいになりますよね。
優良業者の場合、皆さんがわからないような専門用語は使いません
特に営業マンは外壁塗装のプロではないため、皆さんの気持ちに一番寄り添える存在です。
そのため、皆さんのことを考えている営業マンは、安心して頼めるよう丁寧にわかりやすく説明します。

中小企業の場合だと、実際に施工をする職人が営業も兼任で行っている場合もありますが、その場合でも専門用語を並べるといったことはしません。
知識が豊富だからこそ、皆さんに対してわかりやすく説明ができるのです。
万が一、わからない言葉が出てきた時はその都度質問するようにしてください。
質問しても求めている答えが出ない業者の場合、候補から外すことをおすすめします。

また、当日契約割引などといって、契約を急かす営業マンにも注意してください。
中には大幅な値引きを提示してくる業者もいますが、外壁塗装は焦って契約するものではありません。
今すぐ施工をしなければならない場合もありますが、最終的に決断するのは皆さんです。
営業マンなどに急がされて、施工をしたいわけでもないのに契約をしてしまうという事態にならないよう、営業マンと必要性を共有した上で施工を行いましょう。

 

3.施工実績を確認しておく

外壁塗装は技術が必要です。そのため、施工実績が豊富な業者ほど、安心して任せることができます。
今はホームページに施工実績を載せている業者も多いです。
皆さんの家と似たような形や素材の家が載せてあれば、より安心ですよね。
しかし、外壁塗装の実績は個人宅の場合が多いので、ホームページに載せられていない実績も数多くあります。

ホームページの実績が少ないからといって、技術力がないとは判断ができません。
問い合わせの際、これまでの施工実績について聞いてみるのもおすすめです。
技術力に自信がある業者は説得力がある説明をします。一方、自信がない業者は実績を提示できません。
家の安全を任せられる技術力があるかどうか、しっかり見極めてください。

 

4.複数の業者から見積もりを取る

外壁塗装をしなければならない場合、皆さんはどのように業者を選んでいますか?
おそらく、ネットで地域の業者を探していることでしょう。
今はネットで調べれば、多くの業者を見つけることができるので、1社ではなく複数の業者から見積もりを取ることをおすすめします。

もし1社からしか見積もりを取らないと、相場の金額がわかりません。
相場より高いか安いかわからず、余分にお金を払ってしまったというケースもよく聞きます。
しかし、複数の業者から見積もりを取っていれば、不当に高い見積もりを出された場合でもすぐに判断することが可能です。
何十社も頼んでしまうと、どこに頼めば良いかわからなくなってしまうので、おすすめは2.3社
高すぎる業者は見積もりを出された時点で候補から外しましょう。
一方、安すぎる見積もりを出された場合も注意が必要です。
安すぎる見積もりを出した業者は、手抜き工事をする可能性もあります。
また、実際の施工に入った時点で追加で費用を要求してくるかもしれません。

優良な業者は、見積もり内容を詳細に説明します。
追加費用がかかる場合もしっかりと説明するので、どのような場合に追加となるか、見積もりの段階から確認しておきましょう。
そして皆さんが信用できると思った業者に施工を依頼してください。

 

5.アフターフォローについて確認する

悪徳業者ではなくても、施工にミスが起きてしまう可能性もあります。
施工終了後すぐには気づかなくても、数年後には不具合が起きてしまうかもしれません。

そこで大切となるのがアフターフォローです。
保証期間を確認することはもちろん、どのようなアフターフォローがあるのか確認しておきましょう。
業者によっては無償で対応できる場合と有償での対応になってしまう場合があるかもしれません。
不具合が出た後に、有償になることがわかると、それだけで気分は下がりますよね。
そうならないためにも、施工前にアフターフォローについても確認しておきましょう。

 

〔 まとめ 〕

外壁塗装を失敗しないためのポイントを5つ紹介しました。
外壁塗装の経験がないと、何もかもわからない状態からのスタートになりますよね。

「訪問販売で外壁塗装をした方が良いと言われたけど、本当にした方が良いのかわからない」
「他社の見積もりが高すぎるけどどうして?」
「もし不具合が出たら、また同じくらいの金額を払わなければならないの?」

外壁塗装を検討しているお客様にはさまざまな不安や疑問があることでしょう。
マサキホームでは、皆さんの不安や疑問に対して丁寧にお答えいたします。
家を長持ちさせるにはどうすれば良いかという観点から、皆さんの視点にも立って最適なプランをご提案
予算や家の状態に合わせながら、皆さんが納得いく施工を実現します。

もちろん「相談・見積もり」は無料で行っております。
ご希望であれば、皆さんのご自宅までお伺いし、ご相談をうけお客様のご要望に沿った提案をさせていただきます。
外壁塗装をしたいという相談はもちろん、した方が良いのかという判断まで、どんな小さなお困り事でもお気軽にお問い合わせください。

 

お気軽に弊社「マサキホーム」までご相談ください

「マサキホーム株式会社」では、無料でご相談・お見積もりにご対応させていただきます。
大切なおうちを守る外壁のリフォームを、是非私たちにお任せください。

また、住宅リフォームについてご不明な点やご心配な点がありましたらお気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

 □■ お電話でのお問い合わせは
    フリーダイヤル 0120-910-615 ■□
 □■ メールでのお問い合わせは
    info@masaki-home.com ■□
マサキホーム㈱ お問合せ窓口 担当 山根 

 

  外壁工事に関する情報はこちらを ご覧ください! 

 

tel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です