床暖房の「温水式」と「電気式」は何が違うの?特徴を解説(2021年9月14日 現場ブログ更新)


こんにちは。川崎市宮前区リフォーム会社のマサキホーム株式会社、自称『釣師カワじいじ』こと川村と申します。

暑い夏が過ぎようとしているなか、やがて来る寒い冬に備えて、「既存の暖房設備に不安がある」とお考えの皆さま! たとえば……..

「すぐ暖まるし、昔ながらの石油ストーブのデザインがすごく好きだけど小さい子どもがいるのでやけどしてしまわないかひやひやする」

「少しでも寒いのが嫌なので、すぐにエアコンをつけてしまうけれど、空気が乾燥してのどが痛くなったり肌がかさつくのが気になる」

「エアコンをつけても足が冷えるので床暖房にリフォームしてみたい気持ちはあるけれど、漠然と費用がかさむイメージがあり踏み切れない」

暖房器具というと、床暖房の他にもエアコンや石油ストーブ、ホットカーペット、こたつなど様々な商品がありますよね。ご自宅ではどの暖房器具をどの場所でご使用されているでしょうか。一言で暖房器具と言っても、それぞれ特徴はさまざま。

暖めるという目的は一緒ですが、その仕組みに違いがあるため、快適な空間を生み出すにはご自宅の環境に合った商品を選ぶする必要があります。現状の暖まり具合に少しでも違和感を感じている方は、お使いの暖房器具よりもっと相性の合う商品があるかもしれません。

日頃、室内の暖かさについてお悩みの皆さまの一助となりますように、今回は床暖房についてお話しします。

この記事では、「温水式」「電気式」2種類の床暖房の特徴や費用相場についてまとめました。リフォームにあたって暖房器具を選ぶ際の参考にしてみてください。

 

1.床暖房とは?

床暖房とは、床を暖める暖房器具です。床を暖めることで、部屋全体にも暖かさが広がります。

1-1.床暖房の特徴とは

①部屋全体が暖かくなる
室温をそこまで高くしなくても、床から部屋や体に熱が伝わるため心地よく過ごすことができます。下半身が重点的に暖まるため、特に足腰冷えを感じやすい人におすすめです。
②清潔な状態を保てる
風が起こらないので、細かいゴミが舞い上がり、アレルギー症状を起こすようなことも防げます。また、火を使わないので二酸化炭素の心配や気になるにおいなども発生しません。
室温を低く設定できるので、外と中の気温差が穏やかになり、カビにつながる結露の発生も抑えることができます。
③乾燥しにくい
風が起こらないので、水分が奪われて乾燥で肌がカサカサになったり、喉が痛くなったりすることがありません。風邪の予防にもつながります。

1-2.床暖房の種類とは

床暖房は、大きく2種類に分けることができます。「温水式」と「電気式」です。それぞれの特徴を解説します。

(1)「温水式床暖房」とは

床下暖房用に温めたお湯を床下のパイプに流して循環させ、その熱で室内を暖める方法です。

①温水式床暖房のメリット
 ○ランニングコストが安い
 ○床下にお湯が通っているだけなので、火傷の心配がない
 ○リフォームに適している
②温水式床暖房のデメリット
 ●初期費用が高い
 ●定期的なメンテナンスが必要とされる
③温水式床暖房にはどんな商品がある?
☆リンナイ ガス温水式床暖房「床ほっとE」 ¥130,900(6畳の場合)

*リンナイより引用

◎早く暖かくなる
初めだけ通常より熱いお湯を流すことにより、運転開始後約45分という早さであたたかくなります。電気式と比べて圧倒的に速いです。 
◎REM温水マット
床下を通るパイプの本数を増やすことで、放熱量も増やすことができました。従来の4本から6本になっています。また、パイプの下にU字型のアルミ板を通すことで、無駄に下に放熱されてしまっていた熱も上に伝えることができるのも特徴です。そして、暖房温水の温度を従来の60℃から40℃に下げてもあたたかさにほぼ変わりがない新設計のマットになっています。

*リンナイより引用

◎断熱配管
パイプの周りを発砲断熱材で包むことにより、お湯がパイプ内を循環する途中で熱が逃げて温度が下がるのを防ぐことができます。 
◎熱源機「ECO ONE」
電気の「ヒートポンプ」とガスの「エコジョーズ」を組み合わせたハイブリッド給湯・暖房システム。高い省エネ性が実現されています。

(2)「電気式床暖房」とは

床の下に設置する発熱体に電気を通し、その熱で室内を暖める方法です。

①電気式床暖房のメリット
 ○設置費用が安く抑えられる
 ○メンテナンスをする手間がはぶける
 ○比較的どういった床でも設置できる
②電気式床暖房のデメリット
 ●満足のいくあたたかさになるまで時間がかかる
 ●ランニングコストが高くなりがち
 ●電熱線がとおっていない部分は冷たい
③電気式床暖房にはどんな商品がある?
☆ダイケン 銘木柄の電気式床暖房 「あたたか12-HM」¥590,900(8畳の場合) 

*ダイケンより引用

◎仕上げ材一体型床暖房
床暖房対応の床材が一体になっている床暖房です。
◎サーモスタット
床の温度が上がり過ぎないようにする制御回路が設置されます。
◎電気式低温発熱体(発熱線)
電気を効率的に熱エネルギーに変換することができます。
◎断熱材
パネルの裏面に熱が逃げるのを防止できます。
◎お手入れの簡単さ
傷ができにくく、ワックスがけが不要なので掃除が簡単です。
◎豊富なカラーバリエーション
アッシュ柄・シカモア柄・ホワイトシーダー柄、メープル柄、メープル柄(ベージュ)、オーク柄、チェリー柄・バーチ柄(グレー)・ウォールナット源平柄・チェスナット柄・ウォールナット柄、全部で11種類あります。

 

2.床暖房以外の暖房器具は何がある?

2-1.暖かい空気でお部屋を暖める

①エアコン

 ・居間など広い範囲全体的に暖めたい時に有効で、温度調節も容易にできます。
 ・空気が乾燥しやすく、暖かい空気をとどめておくことが簡単ではありません。
②石油ファンヒーター
 ・安い電気代で、お部屋を短時間で暖めることができます。
 ・灯油の購入が必要で、使用中は独特のにおいがする。

2-2.器具自体の熱でお部屋を暖める

①石油ストーブ
 ・単純な造りになっているので、丈夫でお手入れもしやすいのが特徴です。
 ・温度調節が難しく、火傷の危険性があります。
②ハロゲンヒーター
 ・持ち運びがしやすく、暖かくなるまで時間がかからないのが特徴です。
 ・近くに行くと暖まりますが、広範囲に渡って暖かくすることはできません。

2-3.直で体を暖める

①ホットカーペット
 ・大きさのバリエーションが豊富で、広範囲に渡って暖められます。
 ・移動が大変で、カーペットに触れていないと暖かくなりません。
②こたつ

 ・比較的安く手に入れることができ、本体は通年使用できます。
 ・こたつに入っていないと寒いため、動きが鈍くなってします可能性があります。

 

3.まとめ

〔生活環境に合った暖房器具を選びましょう〕

床暖房をメインに、暖房器具について解説してきましたがいかがでしたでしょうか。暖房器具については、暖かい空気で暖めたり、器具自体の熱で暖めたり、床暖房のように床からお部屋全体を暖めたり、目的は一緒でも仕組みが違うことがお分りになったことかと思います。

金額的な部分だけではなく、常に人がいるような場所なのか、一時的に暖まれば良い場所なのかなど、暖めたい場所によって器具を使い分けるとよりいっそう心地よい生活空間になりますのでこの機会に改めて暖房についてお考え頂ければと思います。

 

床暖房リフォームのご相談はマサキホームまで!

2種類の床暖房「温水式」と「電気式」についてご紹介してきましたが、費用や工事日数など具体的なご相談につきましてはいつでもご連絡ください。
また、少しでもご不明な点やご心配な点がありましたらお気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

 □■ お電話でのお問い合わせは
    フリーダイヤル 0120-910-615 ■□
 □■ メールでのお問い合わせは
    info@masaki-home.com ■□
マサキホーム㈱ お問合せ窓口 担当 山根 

 

  外壁工事に関する情報はこちらを ご覧ください! 

 

tel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です