パーフェクトトップってどんな塗料?パーフェクトトップのメリットやデメリットをご紹介!(2021年3月17日 現場ブログ更新)

こんにちは。川崎市宮前区リフォーム会社のマサキホーム株式会社です。

外壁や屋根の塗装の見積もりを業者に依頼した際、塗料の種類について説明を受けることも多いでしょう。塗料にはいくつもの種類があり、その中から皆さんにとって最適な種類を選んでいます。
しかし、塗料の種類を聞いても、どのような塗料なのかわからないという方も多いのではないでしょうか?

「この塗料は安全なのか?」
「耐久性はどれくらいあるの?」
「他の塗料と何が違うんだろう」

どのような塗料なのかわからないと、安心して施工を任せることができませんよね。
そこで今回は、施工業者の中でも信頼のある「パーフェクトトップ」という塗料についてご紹介します。
皆さんの塗料選びの参考になると思いますので、外壁の塗装を検討している方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

1.パーフェクトトップとは

パーフェクトトップは、日本ペイント株式会社が販売している塗料です。
対応していない用途は、鉄塔やガスタンクといった鋼建造物のみで、戸建て住宅やマンション、オフィスや商業施設など、さまざまな用途で使用可能
一般的な住宅であれば問題なく使用ができるため、多くの施工業者がパーフェクトトップを取り入れています。

パーフェクトトップは「ラジカル系塗料」と呼ばれる種類で、一般的に使われているシリコン系よりワンランク上の塗料です。

◆ラジカル系塗料とは


ラジカル系塗料の「ラジカル」が指しているのは、酸素や紫外線、水などが塗料に接触することで発生する劣化因子のこと。
ラジカル系塗料には、このラジカルの発生を抑える効果があります。

ラジカル抑制のために配合されているのは、高耐候酸化チタンと光安定剤という二つの成分。
高耐候酸化チタンには、ラジカルを発生させるといわれている成分「酸化チタン」を制御する効果があります。
また、光安定剤は発生してしまったラジカルの拡散を抑える機能を持っています。
ラジカル系塗料は、この二つの成分の相互作用により、耐久力がある塗膜を作り出すことに成功しました。

パーフェクトトップは、このラジカル系塗料の先駆けとなった商品です。
それでは、パーフェクトトップを使う際のメリット・デメリットをご紹介していきます。

 

2.パーフェクトトップのメリット

パーフェクトトップは、大きく分けて五つの特長があります。
他の塗料と比べて強みとされている部分をご紹介していきましょう。

◆高作業性
パーフェクトトップは水性です。そのため、危険性が少ないという利点があります。さらに伸びが良く、ローラーで塗りやすいことで施工業者からも人気です。もともと飛び散りにくい性質ではありますが、水性のため万が一飛び散ったとしても心配する必要がありません。
皆さんのお家にも安心できる素材であることはもちろん、施工する職人にとっても安全な塗料です。さらに施行中のシンナー臭も軽減されているので、シンナーの臭いが苦手だという方でも安心して施工することができますよ。

◆高耐候性
パーフェクトトップを塗ることで、紫外線からお家を守ってくれます。外壁を劣化させてしまうラジカルの発生を抑えることで塗膜が長持ち。塗膜を塗り替える手間が省けます。
塗装には定期的なメンテナンスが必要ですが、その手間を少しでも減らしたいという方にもおすすめです。

◆高光沢
パーフェクトトップには艶出しの効果もあり、塗装後のお家はまるで新築のような輝きを放ちます。その秘密は、塗膜を作るときに中を詰まった状態にしているからです。
もし、艶をあまり出したくない方は艶出しの割合を調整することも可能です。ただ、艶を消してしまうと塗料の耐久性が下がってしまいます。少しでも長持ちさせたい方は、艶ありで施工を行いましょう。

◆通気性
パーフェクトトップは浸透性が高いため、塗膜を通して室内の余分な湿気を外部に出してくれます。室内の湿度調整が自然と行われるので、外壁の通気性が高くなることもメリットの一つ。外との湿度に差があると結露が溜まってしまい、建物の寿命は縮んでしまいます。そのため、お家の結露に悩んでいる方にパーフェクトトップはおすすめです。また、小さいお子様がいる方やぜんそくで悩まれている方も、パーフェクトトップで通気性を高めることで理想の環境が整いますよ。

◆防藻・防カビ性
パーフェクトトップには、藻やカビを抑える成分が配合されています。いつまでも綺麗な外壁を保つことが可能です。会社独自のバイオ技術を使用しているので、他社には真似できない技術力が発揮されています。日陰になりやすいと、外壁に藻やカビが発生する可能性が高くなるので、近くに高い建物がある方にはおすすめです。

◆低汚染性
パーフェクトトップは、親水化技術が使われています。親水化技術とは、表面に水が薄く広がる性質のこと。そのため、外壁についた汚れが雨水によって流れやすくなっています。汚れが付着した場合でも雨水で流れてくれるので、自分で掃除をする必要が要りません。

 

3.パーフェクトトップのデメリット

パーフェクトトップのメリットをご紹介しましたが、デメリットも存在するのが事実です。どの塗料にもデメリットはつきもの。メリットだけではなくデメリットも把握した上で、塗料選びを行いましょう。

それでは、パーフェクトトップのデメリットをご紹介します。

◆発売してから日が浅い
パーフェクトトップが発売されたのは2012年9月25日。まだ新しい塗料のため、昔から使われている塗料と比べると信頼性が薄いことも事実です。販売実績もまだ8年なので、10年以上の耐用年数があるという証拠もありません。
しかし、パーフェクトトップの販売元である株式会社日本ペイントは、塗料メーカーの最大手と言われています。ラジカル系塗料の中では最も長い実績があるので、ラジカル系塗料にしたい方は、ぜひパーフェクトトップをお使いください。

◆濃い色だと効果が薄い
パーフェクトトップの最大のメリットであるラジカル制御の効果は、白色や淡い色の時に発揮されます。これは、白色や淡い色の方がラジカルが発生しやすいことが理由です。

そのため、外壁や屋根の色が濃い色の場合だと、ラジカル制御の効果が薄くなってしまいます。濃い色の外壁や屋根の劣化の主な原因は、ラジカルの発生ではないため、他の塗料の耐久性とさほど変わりません。もし濃い色の塗料を使いたい場合は、別の塗料を選んだ方が、メリットが大きいでしょう。

◆下塗りを別会社の塗料で行うと効果が得づらい
パーフェクトトップは、株式会社日本ペイントの「パーフェクトシリーズ」として販売されています。パーフェクトトップは中塗り・上塗り用ですが、下塗りを別の種類の塗料で行うと、本来の効果が得づらくなってしまいます。

おすすめは同じくパーフェクトシリーズの「パーフェクトフィラー・サーフ・プライマー」です。
塗料同士の相性もあるので、パーフェクトトップを使用する際は、パーフェクトシリーズで揃えて施工しましょう。

 

4.まとめ

今回はパーフェクトトップについて紹介してきました。皆さんの塗料選びの参考になりましたか?
パーフェクトトップは家を長持ちさせたい方や安心して施工を任せたい方におすすめです。
外壁や屋根の塗料選びはお家の外観や耐久性に大きく影響します。
パーフェクトトップ以外のラジカル系塗料はもちろん、フッ素系塗料やシリコン系塗料などとも比較して、後悔しない塗料選びをしてください。
わからないことがあれば、遠慮せず施工業者に確認することで、安心して施工を任せることができますよ。

 

お気軽に弊社「マサキホーム」までご相談ください

「マサキホーム株式会社」では、皆さんのお家に合わせた塗料を提案しております。
外壁や屋根の塗装のことでお困りの方は、お気軽にご相談ください。
無料でご相談・お見積もりにご対応させていただきます。

また、住宅リフォームについてご不明な点やご心配な点がありましたらお気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

 □■ お電話でのお問い合わせは
    フリーダイヤル 0120-910-615 ■□
 □■ メールでのお問い合わせは
    info@masaki-home.com ■□
マサキホーム㈱ お問合せ窓口 担当 山根 

 

  外壁工事に関する情報はこちらを ご覧ください! 

 

tel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です