人気の床材 フロアタイルのご紹介(2018年2月4日 リフォームの基礎知識更新)

こんにちは! 川崎市宮前区のマサキホーム株式会社、自称『釣師ハマちゃん!』こと川村と申します。

今回は、床のリフォームには欠かせない、お客様からたいへん人気の『フロアタイル』についてお話したいと思います。

 

1.フロアタイルとは? 

フロアタイルとは、塩ビ素材で出来た床材のことで、『石柄・木目・フローリング』などを再現し、本物感、耐久性、施工性にとても優れた床材のことです。

 

 

2.フロアタイルの主な特徴  

優れた素材

塩ビ(ビニール)素材で出来ており、デザイン性に優れ、本物の『石柄・木目・フローリング』と見違えるほどのリアルな質感で、室内を高級感のある雰囲気に仕上げます。耐久性に優れ表面も硬くて丈夫なので、土足での使用も可能で、店舗や会社の事務所、ショールームなどでの使用も可能です。 

豊富なデザイン

本物と見間違うくらいの質感の再現で、木目調・石目・アジアン柄・フローリング柄など、サンゲツ・東リ・シンコール等、各メーカーより多種多彩なデザインが発売されており、お客様の希望に沿った床に仕上げる事が可能です。木目調は無垢フローリングのような味わいを持ち、石目調では御影石や大理石の種類も豊富にあります。 一見、本物かと思うほどのリアルな質感がフロアタイルの最大のメリットです。

簡単な施工と安価な費用

フロアタイルは、カッターで簡単にカットすることができ、床にボンドを塗って貼るだけで簡単に施工することができます。無垢材や石材では、樹種や希少性によって価格も大きく変動してしまう欠点がありまが、素材の変動がないフロアタイルは一律の価格です。フローリングと比べても簡単に施工することができ、施工費用の削減にもつながります

高い耐久性・耐水性

表面が特殊加工してあるので、表面が固くて傷がつきにくく、湿気の吸い込みも少ないので耐久性に優れた床材といえます。玄関土間や店舗などにも使用可能。素材は塩ビなので、日頃のお手入れも簡単にすることができます。また、天然素材の無垢フローリングは水に弱いので水まわりには不向きですが、塩ビ  系床材のフロアタイルは耐水性に優れ、場所を選ばないという利点があります。 

容易なメンテナンス性

フローリングは定期的なワックス、畳は裏返しや表替えが必要ですが、フロアタイルは特に何も必要ありません。フロアタイルは、タイル状の製品を敷き詰めて貼っていくので、傷んだ部分のみを剥がして貼り直すことができ、容易にメンテナンスが可能です。
それに比べ、クッションフロアは部分的な交換ができないので、全面を張替えることになります。 

  

◆最後まで、ご閲覧いただきありがとうございます。
◆フロアタイル等、床材のリフォームはマサキホーム株式会社までご用命ください。

 外壁工事に関する情報はこちらを ご覧ください

 

リフォームのお悩み解消はこちら “マサキホ-ム”

  〇お電話でのお問い合わせは
       フリーダイヤル 0120-910-615
  〇メールでのお問い合わせは
       info@masaki-home.com

tel


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です