サンゲツのリフォーム向け壁紙とは?デザインや機能など選び方を解説(2021年6月17日 現場ブログ更新)


サンゲツより引用

こんにちは。川崎市宮前区リフォーム会社のマサキホーム株式会社です。

★「理想の新築を建ててから数十年、いつどうやって蓄積されたのかもわからない手アカ傷の汚れがちらちらと目に入り気になる」
★「年齢や生活環境が変わるにつれて部屋の雰囲気も変えたいが、理想の部屋を作るにはどこをどう変えれば良いかわからない」
★「壁紙で生活をリフレッシュしたいが、どんな色や材質、機能のものがあるのか。またそのどれが自室に合うのか見当がつかない」

そこまで頻繁に変更できるかというとそうではないけれど、様々な種類の中から好みのものを選べばあっという間に心地よい空間に大変身をとげる便利アイテム、「壁紙」
しかし、豊富なバリエーションでどんな理想でも叶えてくれる壁紙だからこそ、自分のどんな思いを優先して、どこにどう貼れば思い通りの室内になるのか迷ってしまう方も多いのでは?。

日頃そのようことをお考えの皆さまの一助となりますように、今回はサンゲツのリフォーム向け壁紙商品についてお話しします。
この記事では、サンゲツのリフォーム向け壁紙商品から、それぞれ特徴の異なるおすすめの商品をご紹介します。壁紙リフォームの際の参考にしてみてください。

<参考> リフォーム向けの壁紙とは?
ひとことで壁紙と言っても目的によって様々な種類があり、リフォームに向いている壁紙があります。壁紙のみの張り替えをお考えの場合、厚みのある商品が最適です。薄い商品を選択すると、古い壁紙をはがした後に残るのりなどの凹凸によりきれいに見えない可能性があります。

 

1.リフォーム向け壁紙の選び方は?

(1)デザインで選ぶ

①複数人が交流したり、それぞれリラックスする場所(リビングなど)
 ⇒ シンプルに、ホワイト系の無地

サンゲツより引用

誰がいても、どんな状況でもリラックスできるよう、あまり視界の邪魔にならず飽きの来ない色味を選択するのがおすすめです。

②プライベートで、集中が必要な場所(書斎など)
 ⇒ お好みで、カラー系の無地

サンゲツより引用

主にひとりで集中することが必要な場所は、少しご自身やその場所を使う同居人の好きな色味が入った壁紙がおすすめです。柄までいくと気が散ってしまいますが、ほんのり心地よい色に寄せることで作業などもはかどるでしょう。

③滞在時間は短いが、日々立ち寄るプライベートな場所(トイレなど)
 ⇒ 思い切って、柄

サンゲツより引用

長時間滞在しない場所は、アクセントのある柄がおすすめです。毎日短時間滞在する場所は、飽きることなく適度な刺激で明るい気持ちになれます。

(2)機能で選ぶ

①フィルム汚れ防止壁紙
汚れが拭き取りやすくい壁紙です。食品にも使用されるほど安全性の高い「エバールフィルム」が表面に加工されています。
抗菌性の高いフィルムは、子供のいる家庭におすすめです。

②ウレタンコート壁紙
きれいに貼れるので、「玄関」など多くの人の目に止まりやすい場所に最適です。キズがつきにくく、汚れが落としやすいのも特徴です。

③ハードストレッチ壁紙
撥水コートによる汚れの拭き取りやすさに加えて、強度のある壁紙に伸縮性をプラスすることで、キズへの耐性はもちろん、ひび割れをおさえることができます。

➃スーパー耐久性壁紙
一般ビニル壁紙と比較して、引っかきキズや衝撃に強く、換気をすることによって嫌なにおいが室内にこもりません。
ペットと暮らすにあたって、汚れやにおいが気になる方が圧倒的に多く、そういった方々にとって嬉しい壁紙です。

⑤抗アレル壁紙
表面に塗布された薬剤によって、ダニアレル物質82%低減、スギ花粉荒れる物質を約72%低減するなどアレルギー症状の原因となりうる物質の働きを抑えることができます。
花粉症の症状に悩まれている方におすすめです。

⑥ルームエアー
消臭効果のある壁紙です。においと消臭剤の化学反応で嫌なにおいを消します。生活していると避けられない生ごみやトイレのにおいに加えて、新築やリフォーム直後のホルムアルデヒドにも効果を発揮します。
そして、その効果が約10年持続するため、次の壁紙の張り替えまで安心して使い続けることができます。

⑦エコリフレクト
室内の明るくする手助けができる壁紙です。光を反射し、拡散することでお部屋が明るくなります。照明だけに頼る必要がなくなるため、節電の効果が来たいできます。
長時間明かりが必要な場所に設置することをおすすめします。

⑧吸放湿壁紙
湿気を調整できる壁紙です。コップ6杯分の湿気を吸収し、放出できる吸水性ポリマーが配合されているため、結露やカビの発生を抑えられます。
また、乾燥しているときには水分を放出して調整することが可能です。

⑨通気性壁紙
室内の湿気を排出することができる壁紙です。結露やカビの発生を抑えることはもちろん、石膏ボードと組み合わせると室温の調整やホルムアルデヒドの低減にもつながり、より効果的です。

⑩珪藻土壁紙
自然素材で、湿度の調整や消臭ができる壁紙です。珪藻土は、季節に合わせて湿気を吸収したり、水分を放出して乾燥を防いだりします。
なんと、石膏ボードとの組み合わせで結露や嫌なにおいに対応するだけでなく約コップ12杯分の湿気を吸収し、放出することもできます。

 

2.まず理想の空間をイメージするところから始めよう

壁紙のリフォームを考えるとき、まずはご自身や同居人の暮らしをとことんイメージすることが必要です。どのような部屋にしたいのか、また既に置いてある家具との相性など、写真やイラストなどを用いて考えるのもいいかもしれません。
今のライフスタイルから今後どうしたいのか、それが実現可能かどうか想像しましょう。

壁紙の色のことだけを考えるのではなく、床やドアとのバランスを見ることも必要です。壁紙の基本の色を木目の色に合わせたり、床・壁・天井の順に明るくすることを意識して空間を広く見せるテクニックもあります。

デザインだけでなく、機能もとても大事です。お手入れのしやすさや、アレルギーの低減、ペットのにおい対策などそれぞれの困りごとは意外と多いかもしれません。この機会にご自身が必要とする壁紙の特徴を理解することで、今後の生活がさらに心地よくなるよう正しい壁紙選び行って下さい。

ある程度方向性が定まったら、大きなサンプルを手に取ってみるのもおすすめです。カタログを見ただけでの想像は、実際と雰囲気が異なることが多々あります。トラブルを避けるためにも、施工前にサンプルを活用し納得のいく壁紙選びを行いましょう。

 

3.壁紙を張り替えて、リフレッシュしよう


サンゲツより引用

サンゲツの壁紙を紹介しながら、壁紙の選び方について解説してきましたがいかがでしたでしょうか。参考になりましたでしょうか。

デザインのみの視点で、カタログを見ていてもとても多くのバリエーションがあります。その他に機能性の視点で見ても色々な悩みに対応する商品があり、選択肢が沢山あることがお分かりになったと思います。

《 約10年に1度は張り替え時がくる壁紙 》
皆さまがそのときのライフスタイルにあった商品を選び、形を変えながらもずっと心地よいマイホームでありますように祈っています。

 

壁紙リフォームのご相談はマサキホームまで!

サンゲツの壁紙おすすめ商品についてご紹介してきましたが、費用や工事日数など具体的なご相談につきましてはいつでもご連絡ください。

無料でお見積もり・現地調査を行っております。小さな不安や疑問も是非お気軽にマサキホームまでご相談ください!

 □■ お電話でのお問い合わせは
    フリーダイヤル 0120-910-615 ■□
 □■ メールでのお問い合わせは
    info@masaki-home.com ■□
マサキホーム㈱ お問合せ窓口 担当 山根 

 

  外壁工事に関する情報はこちらを ご覧ください! 

 

tel

外壁塗装の色の選び方とは?色選びを失敗しないための方法をご紹介!(2021年6月10日 現場ブログ更新)

こんにちは。川崎市宮前区リフォーム会社のマサキホーム株式会社です。
外壁塗装をする上で、最も気になる部分といえばどの色を選ぶかではないでしょうか?色の種類は豊富にあるため、サンプルを見せられてもどの色が良いのかわからないでしょう。

そこで今回ご紹介するのは、外壁塗装の色を選ぶ際のポイントについてお話します。「この色が好きだから」という理由だけで選んでしまうと、実際に施工した後で想像とは違う仕上がりになってしまうかもしれません。
外壁塗装を検討している方はこの記事を参考にして、色選びを失敗しないようにしてください。

 

1.色選びのポイントはある?

施工会社に外壁塗装を依頼すると、さまざまな色のサンプルを見せてもらうと思います。豊富なカラーバリエーションの中から選ぶのはワクワクして楽しいですよね。しかし、色の種類が多すぎて、どれを選ぶか悩んでしまう方も多いことでしょう。そこでまずは、色選びのポイントをいくつかご紹介します。

①変色しにくい色を選ぶ
外壁は常に、紫外線の光を浴びています。紫外線が当たると、どの塗料を使ったとしても変色は避けられません。しかし、変色しにくい色を選ぶことで、変色のスピードを遅らせることができます。
変色しにくい色として挙げられるのが、白・黒・青・ベージュ・ブラウン・グレーの寒色系でシンプルな色です。逆に赤や紫といった鮮やかな色は、変色のスピードが速くなってしまいます。
変色すると、それだけで建物の美観が損なわれるでしょう。どうしても鮮やかな色を使いたいという方は、全体ではなく一部にアクセントとして入れるようにすることをおすすめします。

②虫除け対策になる色を選ぶ
実は外壁の色には、虫除け対策になるものがあります。その色とは、黒・グレー・ブラウン・赤系です。
虫は、紫外線を反射する色に集まりやすいという習性を持っています。反対に、紫外線を反射しない色には集まりづらいのです。そのため、暗い色の方が虫除け効果が高いといえるでしょう。
せっかく外壁を塗り替えたとしても、虫が集まってきては見た目が良くありません。暗い色でも構わないという人は、反射率が低い色にして虫除け対策に繋げましょう。

 

2.人気の色にはどのような色があるの?

外壁塗装の色選びのポイントをご紹介しましたが、どのような色にするかのイメージは湧きましたか?続いて外壁に人気の色についてもご紹介します。

①ベージュ

最も流行している色といえるのが、ベージュです。シンプルで無難な色なので、周りの家と比べても浮くことはありません。周りの景観を損なわないので、取り入れやすい色といえるでしょう。また、汚れが目立ちにくいというメリットもあります。見た目も落ち着いた印象になるので、高級感がある見た目にしたいという方はベージュを選ぶと良いでしょう。

②グレー
白と黒の中間に位置しているグレーは、ベージュと同様に周りに馴染みやすいという特徴があります。ベージュと比べると温かみはありませんが、その分クールな印象を与えられるでしょう。汚れが目立たないだけではなく、変色を防いだり、虫除け対策になったりと、グレーはまさに万能の色です。

③ブラウン
ブラウンが最も流行していたのは、平成中期でした。タイル張りの家が増えたことで、レンガ調の外壁にしたいという方が増えたからではないかといわれています。ブラウンの人気は今も衰えず、温かみがある上に大人な印象を与えてくれる色です。ただ、ブラウンは濃いものから薄いものまで、さまざまなバリエーションがあります。そのため、施工業者との入念な打ち合わせが必須です。思っていた色と違うといった事態にならないよう、ブラウンを選ぶ方は特に、打ち合わせはしっかりと行いましょう。

➃白

昭和終期から平成初期で流行した白ですが、汚れが目立ちやすいという理由で昔と比べると白を選ぶ方は少なくなりました。それでも、清潔感があっておしゃれに見える白の人気は健在です。白は膨張色でもあるので、家を大きく見せるという効果もあります。周りの木々や花の色が映える仕上がりになるので、家庭菜園をしている方や花を育てている方にはおすすめの色です。

⑤黒
クールで重厚感を与える色といえばです。外壁を黒にするだけで、スタイリッシュな雰囲気を与えることができます。デメリットとして挙げられるのが、熱を吸収しやすい点です。外壁の温度が上がってしまうため、家の構造によっては夏場が蒸し暑くなってしまうかもしれません。そのため、黒を選ぶ場合は断熱材を使用することをおすすめします。

⑥赤
情熱的で元気な印象を与えるは、レンガ調の外壁として使われることが多いです。しかし、原色の色鮮やかな赤にすることはお勧めしません。周りの家から浮いてしまい、ご近所トラブルにつながるかもしれないからです。もしも赤を使用する場合は、濃い赤にするか一部分のみに使用するかで、周りとのトラブルを避けるようにしましょう。

⑦オレンジ
オレンジも赤と同じ暖色系ですが、赤と比べると親しみやすい印象があります。小さなお子様がいらっしゃる家庭にはぴったりの色かもしれません。しかし、濃いオレンジを使ってしまうと周りの家と比べて浮いてしまう可能性もあります。もしもオレンジを選ぶのであれば、薄い色で発色が良い色を選ぶと良いでしょう。

⑧青
爽やかな印象を与えるも、人気が出ている色です。青は集中力を高める色としても知られているので、テレワークが増えた今、外壁を青にしたいという方も増えています。薄い青であれば涼しくて洗練された印象も与えることができるでしょう。

⑨緑

といえば、自然を連想する人も多いでしょう。緑にはリラックス効果があるので、高齢者からの人気も高い色です。ナチュラルなイメージとなるので、緑の外壁にするだけで家が安心した場所のイメージになることでしょう。濃い色から薄い色まであるので、お好みに合わせて選ぶこともできます。

⑩ピンク
可愛らしい見た目にしたいという方の中には、ピンクを選ばれる方もいます。女性らしい印象があるので、娘さんがいらっしゃる家庭では特に人気がある色です。ただ、周りの家の見た目によっては、ピンクにすると浮いてしまう可能性も拭えません。周りから浮いてしまうことを避けたいのであれば、全体ではなく、一部にピンクを使うようにすると良いでしょう。

⑪マルチカラー・ツートンカラー
人気の色をいくつかピックアップして紹介してきましたが、一色には絞りきれないという方もいるかもしれません。そこでおすすめなのが、マルチカラーやツートンカラーといった複数の色を使う手法です。複数の色を組み合わせることで、デザイン性の高い仕上がりを実現することができます。もし、自分がしたい色と実現可能な色が異なる場合は、マルチカラーやツートンカラーを検討してください。

 

3.まとめ

今回は、外壁塗装をする際の色選びのポイントについてご紹介しました。皆さんの色選びの参考になりましたか?外壁塗装は何度も行うものではありません。そのため、一回一回の施工を大切にし、妥協しない色選びをしていただきたいと思っています。

マサキホーム株式会社では、外壁塗装屋根塗装を承っている会社です。豊富なカラーバリエーションの中から、皆さんにとって最適な色を提案いたします。

 

ご相談は「マサキホーム」まで!

無料でお見積もり・現地調査を行っております。小さな不安や疑問も是非お気軽にマサキホームまでご相談ください!

 □■ お電話でのお問い合わせは
    フリーダイヤル 0120-910-615 ■□
 □■ メールでのお問い合わせは
    info@masaki-home.com ■□
マサキホーム㈱ お問合せ窓口 担当 山根 

 

  外壁工事に関する情報はこちらを ご覧ください! 

 

tel

ウッドデッキに生えたコケを除去して見違えるほどきれいにする方法!(2021年6月3日 現場ブログ更新)


こんにちは。川崎宮前区のリフォーム会社マサキホーム株式会社です。

ウッドデッキが汚れてコケが広がっていませんか?
普通に掃除するだけでは木材に張り付いたコケは落ちませんよね。
長く気持ちよくウッドデッキを使うために、コケを落としてきれいに保つ方法を紹介していきましょう!

 

1.ウッドデッキに生えたコケを落とす方法5選


ウッドデッキに生えたコケは自宅にあるもので落とすことができます。

①キッチン用洗剤で落とす
コケはキッチン用の中性洗剤で落とせます。ウッドデッキをほうきなどできれいに掃いたら、水・キッチン用洗剤を撒いてデッキブラシやたわしなどで木目に沿ってこすります。最後に水洗いをして完了です。

②コケは熱湯に弱い
コケは熱に弱いので、コケの生えてる部分に熱湯をかければ死滅します。熱湯をかけて死滅したものをデッキブラシなどでこすり水洗いしたら完了です。
けれどこの方法は広範囲だと効率が悪くやけどの危険もあるので、あまりお勧めはできません。

③カビキラーも効果的
カビに効果のあるカビキラーはコケの除去にも効果があります。コケの生えてる部分に直接スプレーして、デッキブラシやたわしなどでこすればほとんどのコケやカビは落ちるでしょう。よく水洗いして完了です。

➃高圧洗浄のパワーではがす
効果が高いのが高圧洗浄を使う方法です。家庭用のものもホームセンターなどで売られています。パワーがあるので女性の取り扱いには注意が必要ですが、見違えるようにきれいなります。

⑤サンドペーパーで削り取る
しっかりコケやカビが付着している場合はたわしでこすっても落ちないかもしれません。この場合目の荒いサンドペーパーを使って削り落とすのが良いでしょう。塗装をし直すために古い塗装をはがす場合は80番の粗さのものがおすすめです。

 

2.ウッドデッキを塗装するなら水性?油性?


ウッドデッキのコケをきれいにしたら、早めに塗装をして再びコケを生えにくくしましょう。塗料には水性のものと油性のものがありますが、どちらにもメリットデメリットがあります。

①水性塗料の特徴
◎メリット
多くの色から選べるので好みの色にすることができます。
塗料を薄める場合やハケを洗うときに水で良いので、DIY初心者も扱いやすいでしょう。
●デメリット
水性塗料の性質は高いものがほとんどですが、膜を張る傾向があるので、水性塗料を塗るウッドデッキの材質によっては剥がれやすい場合もります。

②油性塗料の特徴
◎メリット
木材に使う油性塗料はオイルステインといわれるものが多く、木に浸透するので木材本来の美しい木目を生かした仕上がりになります。
また防腐効果や防虫効果があるものが多く木材自体の寿命が伸びます。
●デメリット
木材に浸透するので塗りムラができやすく、乾燥する間匂いが気になります。
また水性塗料に比べて価格は高めです。

 

3.ウッドデッキの塗装は塗装前の工程が重要!


ウッドデッキに使う塗料が決まったらウッドデッキを塗装しましょう。
きれいに仕上げるためには塗装前の下準備が重要です。

①ゴミやほこりを取りのぞく
木を乾燥した状態で雑巾などでゴミを取り除きましょう。
重要なのが、ウッドデッキが乾燥している状態ということです。
洗剤やデッキブラシ、水洗いをしてコケなどの汚れを取り除いた場合は天気のいい日に1日、2日ほど乾かしてから塗装しましょう。

②サンドペーパーでなめらかにする
木材の塗装は表面がなめらかなほど仕上がりが綺麗になります。
もともと塗装してある場合はサンドペーパーを使って塗装をはがしましょう。範囲が広い場合は電動のサンダーを使うと作業がはかどります。

③壁やサッシなどの養生をする
養生をすることで手早くきれいに仕上がります。外壁とのさかい目、サッシのふちなどに塗料がつかないよう養生してから塗装を始めましょう。
ガムテープとビニールが1つになった塗装用のマスキングテープはホームセンターなどで売っています。

④塗装
はじめに床板のすきまや手すりなどの塗りにくい部分から塗料を塗り、平らな面を1枚ずつ丁寧に塗っていきましょう。木目の方向にローラーやハケを動かすと木目を生かして綺麗な仕上がりになります。

⑤重ね塗り
ウッドデッキの塗装は3回ほど塗ると機能性や色味を高められるものも。乾燥させてから重ね塗りをしていきます。最初にムラになってしまうと重ねて塗ってもムラになりやすいので気をつけましょう。

 

4.ウッドデッキの塗装の目安年数は?

①1年で変色
ウッドデッキは設置してから1年もすると白っぽく変色してきます。この色味を経年変化と楽しむ方もいますが、木を長持ちさせるために1年ほどで塗装を行うことは全く問題ありません。

②3年〜5年でカビやコケが生える
一般的に3年がウッドデッキのメンテナンスの目安とも言われています。
3年〜5年ほどでカビやコケが生えてくるようになりますが、これは木材の防水機能が落ちて水分を吸収しはじめているからです。
3年とは決めず、変色を目安に掃除・塗装をするのも良いでしょう。

③5年〜8年で部分腐食、反り、割れが起こる
ウッドデッキのメンテナンスを全くしないまま紫外線や雨にさらされていると、防水機能がなくなります。木材が水や湿気を吸収して板が反ってきたり割れてきたりします。また木が腐ってしまった部分は、剥がして張り替える必要があるでしょう。

 

5.人工木のウッドデッキはメンテナンスフリー

ウッドデッキには天然の木を使ったものと人工の木を使ったものがあります。

①人工木の特徴
ウッドデッキに使われている人工木は見た目もさわった感じも天然の木とそれほど変わりませんが耐久性が高く30年ほど持つといわれています。
ウッドデッキに使われる人工木の床板は樹脂(プラスチック)と木材から作られた木の粉が混ざった素材でできているので変色やささくれ、シロアリ被害などがでにくいのも特徴。
天然木のコケやカビなどのメンテナンスにかかる手間や腐敗や虫の被害をなくしつつも天然木のような質感がある人気の素材です。
価格は天然木材のハードウッドとあまり変わりません。

◎メリット
湿気を吸収しないので反ったり腐ることがなく劣化はほとんどありません。
また色の種類が多く塗り替えの手間がないので維持するためのコストはかかりません。
●デメリット
天然木ならではの質感や木目がなく、夏場は太陽の熱を吸収して暑くなりやすいでしょう。

②天然木の特徴
ウッドデッキに使われる天然木は、サイプレスなどのハードウッドと呼ばれる硬く耐久性の高いものと、レッドシダーなどの加工がしやすいソフトウッドがあります。

〔ハードウッド〕
組織が密でとても硬い木材です。耐久性がとても高く塗装をしなくても30年以上持つと言われています。腐りにくく天然木特有の風合いや木目などが楽しめます。
人工木と価格に大差はありませんが、天然木のため数ヶ月〜数年で色が変化していきます。また加工に時間がかかるので施工費がかかる場合も。
〔ソフトウッド〕
柔らかい木材のためハードウッドに比べて雨や湿気を吸収しやすく、数年おきに塗り替えしてメンテナンスする必要があります。
但し、常に雨ざらしではない場所では劣化するスピードは遅く、ハードウッドに比べて価格は安くなります。

 

6.まとめ

屋外にあるウッドデッキはコケやカビなどの被害も受けやすいので、定期的に塗装をしてあげることがきれいにウッドデッキを長持ちさせるコツです。

ウッドデッキがそこまで広くなくても、きれいに塗り替えるのは素人では難しく、数日で終わらせるのは難しいかもしれません。

見た目や機能性に優れた塗料の相談などもプロに依頼することをおすすめします。

 

ご相談は「マサキホーム」まで!

無料でお見積もり・現地調査を行っております。小さな不安や疑問も是非お気軽にマサキホームまでご相談ください!

 □■ お電話でのお問い合わせは
    フリーダイヤル 0120-910-615 ■□
 □■ メールでのお問い合わせは
    info@masaki-home.com ■□
マサキホーム㈱ お問合せ窓口 担当 山根 

 

  外壁工事に関する情報はこちらを ご覧ください! 

 

tel