外壁塗装・屋根塗装のよくある失敗例をご紹介!失敗を避ける解決策も解説(2021年5月20日 現場ブログ更新)

こんにちは。川崎市宮前区リフォーム会社のマサキホーム株式会社です。

外壁や屋根の劣化が気になってきたら、塗装の塗り替えを検討すると思います。家を守る外壁や屋根の塗装は、しっかりと行いたいですよね。

今回は、外壁塗装・屋根塗装の際によくある失敗例をご紹介。失敗しないためにはどうすれば良いかも解説します。これから外壁・屋根塗装をしたいと考えている方は参考にしてください。

 

外壁塗装や屋根塗装の失敗例とは?

「外壁塗装をしたいけど、失敗したくない」
「屋根塗装の失敗例ってどんなケースがあるの?」など、外壁塗装や屋根塗装の失敗例を自分の家の施工に役立てたいとお考えの方はいませんか?

初めて行う方は、今まで工事をしてきた方が、どのような失敗をしていたか気になることでしょう。周りに経験者がいないと、なかなか失敗例を聞くことができませんよね。
それでは、外壁塗装や屋根塗装でよくある失敗例をご紹介していきましょう。

 

①費用が想像以上に高額になってしまった

外壁塗装・屋根塗装をする場合は、見積もりをお願いしてから工事に進むことでしょう。しかし、工事をしているうちに、見積もり段階ではわからなかった補修部分が出てくる場合もあります。

建物の劣化が進んでいると、塗装の前に劣化箇所の補修をしなければなりません。特に外壁や屋根の定期点検を怠っていた場合は、内部の水漏れや塗膜のひび割れを起こしている範囲が広がってしまいます。見積もりの際には外壁や屋根の内部の状況までは把握することができません。
そのため、工事の段階になってから追加の補修費用がかかる場合が多々あります。

後から費用が上乗せされることを防ぐためにも、外壁や屋根は5〜10年を目安に定期点検を行うことをおすすめします。定期点検を行うことで、外壁や屋根の異常にすぐ気づくことができるでしょう。異変に気づくことができれば、早めに対処することもできますよね。

また、見積もりの際には追加費用についての確認も忘れずに行ってください。工事が必要となる可能性があるかどうかや、どれくらいの費用がかかるかは事前に確認し、不当な金額ではないかチェックすることが大切です。事前に確認しておくことで、追加費用がかかった場合の費用も頭に入れて計算することができます。

初めて外壁塗装や屋根塗装を行う方の中には、塗装費用の相場がわからないという方も多いでしょう。そのような方は、複数の業者から相見積もりを取るようにしてください。複数の業者を比較することで、費用の相場を知ることができます。高すぎる業者や安すぎる業者は選ばないようにしましょう。

 

②悪徳業者に依頼してしまった

外壁塗装・屋根塗装を行っている業者は数多く存在します。どこに頼めば良いかわからず、適当に頼んでしまうと悪徳業者に当たってしまうかもしれません。悪徳業者に依頼すると法外な金額を請求されたり、工事に不備が出てしまう可能性があります。

悪徳業者に当たらないためには、訪問販売業者に気をつけることが大切です。悪徳業者は訪問販売で「今すぐ工事をしなければならない」など、皆さんの不安を煽るような営業をしてきます。また、考える隙を与えないために「今日契約してくれたら、これだけ割り引きます」など巧みな話術で、即日契約を進めようとする場合がほとんどです。

訪問販売業者全てが悪徳業者というわけではありませんが、優良な業者であれば皆さんに考える時間をしっかり与えてくれます。訪問販売業者から工事を進められたら、別の業者にも点検をお願いすると良いでしょう。複数の業者に依頼することで、嘘を言っている業者がいれば見分けることができます。そして依頼する場合は、安心して工事を任せられる業者を選んでください。少しでも不安がある業者には、依頼しないようにしましょう。

 

③思った色と違う仕上がりになってしまった

工事を行う前にカラーサンプルを見せてもらい、どの色にするか決めると思います。しかし、実際に家の外壁や屋根に塗ってみると、思っていたものと違う仕上がりになってしまったという声も少なくありません。

これは「面積効果」という目の錯覚が原因です。カラーサンプルだと小さいサイズのため、大きな外壁や屋根に塗ってしまうと、別の色のように見えてしまいます。「思っていた色と違う」という事態を避けるためにも、できるだけ大きいサンプルを見せてもらうようにしましょう。

室内で見た色と外で見た色も、イメージが違う場合があります。可能であれば、外でカラーサンプルを見せてもらうと良いでしょう。当日の時間帯や天候によっても見え方が異なるので、時間に余裕がある人は日程を分けてサンプルを見せてもらうことをおすすめします。慌てて選んだりせず、自分が納得がいく色を選ぶようにしましょう。

また、近所の景観に合わせて色を選ぶことも大切です。自分の好みだけで色を選んでしまうと、自分の家だけが浮いているように感じてしまいます。せっかく綺麗にしたのに、悪い意味で目立ってしまうことは避けたいですよね。色を決める場合は依頼する業者と相談し、周囲との違和感がないか確認するようにしてください。

 

④近所の人からクレームが来た

工事中は、騒音や塗料の飛散の可能性があり、場合によっては近所の人に迷惑をかける場合があります。もし、近所の人からクレームが来たら、今後の近所付き合いにも影響が出てしまいますよね。

工事が始まる前には、業者から挨拶に回る場合がほとんどです。工事の内容や迷惑をかける可能性がある事柄について伝えますが、挨拶が不十分だと近所の人からクレームが来てしまうかもしれません。トラブルを避けるためには、業者が挨拶に行くときにどのようなことを伝えるかを事前に確認しましょう。もしかしたら、そこに住んでいる人にしかわからないような見落としがあるかもしれません。挨拶状もしっかりとチェックし、漏れがないように近所の人に伝えるようにしましょう。

 

⑤値引き交渉をしたら質が悪くなってしまった

外壁塗装や屋根塗装は安いものではありません。できるだけ、安く済ませたいと思うことは当然です。しかし、値引き交渉をしすぎると、塗料のグレードが落ちて施工の品質が悪くなってしまう可能性があります。

もちろん、塗料のグレードが落ちることは説明しますが、グレードが落ちることでどのような影響が出るか想像できないという方も多いことでしょう。せっかく塗装をしたのに、すぐに塗料が剥がれてしまう可能性もあります。塗装した箇所の劣化が早くなってしまっては、せっかく工事をした意味がなくなってしまいますよね。

優良業者の場合、見積もりとして提示するのは最低限の費用のみです。そのため、値下げすることは困難です。無理に値引き交渉をするのではなく、予算を正直に伝えて予算内でできる最適な工事を行いましょう。最適な工事をすることが、家を長持ちさせるためのポイントですよ。

 

◆まとめ

今回は、外壁塗装・屋根塗装をしたときのよくある失敗例をご紹介しました。外壁塗装や屋根塗装を初めて行うという方は、どのように工事を進めれば良いかわからないと思います。そのような方は、先ほどご紹介した失敗例のようにならないよう、わからないことは業者に確認しながら進めてください。

マサキホーム株式会社では、外壁塗装・屋根塗装を承っています。皆さんに安心して施工を任せていただけるよう、丁寧な施工をいたします。

 

ご相談は「マサキホーム」まで!

無料でお見積もり・現地調査を行っております。小さな不安や疑問も是非お気軽にマサキホームまでご相談ください!

 □■ お電話でのお問い合わせは
    フリーダイヤル 0120-910-615 ■□
 □■ メールでのお問い合わせは
    info@masaki-home.com ■□
マサキホーム㈱ お問合せ窓口 担当 山根 

 

  外壁工事に関する情報はこちらを ご覧ください! 

 

tel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です