東京、神奈川、屋根瓦、漆喰について①(2016年8月2日 社長ブログ更新)

いつも弊社のHPをご覧いただきありがとうございます。

弊社の対応地域は関東を拠点に事業をおこなっております。
遠方の場合、ご依頼があれば、交通費やその他費用等はかかる場合がございますが
ご相談させていただいております。

関東でも東京、神奈川は本店、支店(あきる野、川崎)があり、敏速な対応ができます。

弊社は屋根工事、外壁工事等を中心に各工事業、内装工事、外構工事等をおこなって
おります。

今回は、その中の弊社で最も自信のある屋根工事(補修工事、漆喰工事)について
記事を書かさせて頂こうと思います。

m1
弊社は屋根補修工事、漆喰工事に特に力を入れ取り組んでおります。

屋根工事と一言で言っても屋根の修理方法が多数ございます。
その修理方法によってやり方や用途、価格が全く異なる為、少しでもご検討中の方々
に参考になればと思います。

下記に記載させていただきます。

①屋根瓦葺き替え工事
②屋根上葺き工事(カバー工法)
③屋根瓦葺き直し工事
④瓦差し替え工事
⑤屋根漆喰工事
⑥ラバーロック工事
⑦板金取り替え工事
⑧雨おさえ修理工事
⑨天窓工事
⑩波板交換工事
⑪テラス屋根交換工事
⑫折半屋根工事

上記におおまかな工事内容を多数、記載させていただきましたが、今回はその中の
「屋根漆喰工事」についてお話をさせていただきたく思います。

漆喰といえば、壁の漆喰を想像される方も多いとは思いますが、瓦屋根の場合、どち
らのお宅の屋根にも、棟の頂上に漆喰を仕様しております。

漆喰は、基本的なもので本漆喰になりますが、本漆喰は水酸化カルシウム(消石灰)
と海藻と麻すさを練り合わせたものになります。
漆喰は色々な種類があります。日本製も海外製も漆喰にはあります。
下記に詳しく記載しおきます。 

日本における漆喰は現在、大きく5種に分けられます。

本 漆 喰

旧来漆喰とされてきたもの。現地にて昔ながらに海藻(フノリ)を炊いてのりを作り、
麻すさ(麻の繊維)と塩焼き消石灰を混合して作られる。

土 佐 漆 喰

3ヶ月以上発酵させた藁と塩焼き消石灰と水を混合し、熟成させたもの。そのため藁の
成分が発色し、施工直後から紫外線で退色するまでは薄黄~薄茶色の姿に仕上がる。
練り状の製品しか存在しない。

既 調 合 漆 喰

いわゆる「漆喰メーカー」が製造した漆喰製品。一般に塩焼き消石灰と麻すさ、粉末
海藻のり、炭酸カルシウムなどの微骨材が配合された粉末製品。水を加え練ることで
漆喰として使用される。近年では海藻のりに加え、合成樹脂を使用した製品や、化学
繊維を使用した製品、顔料を混ぜて色をつけた製品もある。また、練り置き済み製品
も存在する。

琉 球 漆 喰(ムチ。沖縄方言で「餅」の意)

藁と生石灰を混合したものに水を加え、生石灰に消化加熱反応を起させることで藁を
馴染ませ、さらにそれを擂り潰し熟成させたもの。土佐漆喰に比べ藁の混入量が多い
ため、紫外線で退色するまでは濃黄~薄茶色の姿に仕上がる。練り状の製品しか存在
しない。沖縄の屋根瓦工事を中心に用いられる。

漆 喰 関 連 製 品

近年上市されている、漆喰の機能を有するとされる塗料や海外製の消石灰が配合され
た塗り壁材など。現状は既調合漆喰との区別をする規定がない。
上記5種以外に、本漆喰から派生した地域独特の漆喰が存在する(肥後漆喰など)。
色々な漆喰がありますが、弊社は屋根用ねりしっくいを使用しております。
瓦屋根は、築年数が古くなると頂上の棟瓦下の漆喰が劣化していきます。

m2

 劣化の初期症状からの流れを下記に記載しておきます。

①白漆喰が雨水を吸い黒ずんでくる。

m3

②漆喰にひびが入る(その為中の土が痩せる)

mm4

③漆喰が浮いてくる(軽く叩いただけで動く)

m5

④鬼瓦、棟止め瓦から剥れてくる(鬼瓦、棟止め瓦は動きやすい為)

m6

⑤剥れた後、土がむき出しになる(瓦屋根の頂上は土と瓦で施工している)

m7

⑥この状態を気づかないまま放置し劣化が進み漆喰がふうかしベランダや庭に落ち
  る(屋根は高くなかなか見れないため)

mm8

⑦瓦が崩れたり、歪んだりする原因になる(漆喰が剥れたら瓦の下に雨水まわる)

m9

⑧下地ルーフィングが傷み雨漏れする。

m10

上記の①,②の傷み具合であれば部分補修で漆喰の交換等ですみます。
③以降であれば、漆喰全交換や瓦調整等が必要になってきます。

弊社では年間、屋根の点検調査を700件以上おこなっております。
経験上屋根という部位というのは、なにかあってからではとりかえしのつかない修繕
になる箇所だと思います。また、見えない箇所の為、実際は劣化が進んでいる場合や
剥れたりしている場合が多々あります。

上記の事から屋根は定期的な点検、調査が必ず必要になります。
目安としまして、最低でも『3年間に1回』は点検、調査をお勧
めします。

その場合、人間の体の健康診断を行う事と一緒で、屋根の点検、調査傷み具合を早期
に行う事により、屋根の傷みに対し対処や修理箇所が少なくなるかと思います。
早期の点検、調査により、価格、施工工期も比較的にかからず済む事もございます。
屋根の傷みを放置し続けると屋根の葺き替えや下地交換だけではなく、屋根裏の改修
工事、更に雨漏れをおこしていれば、部屋の天井張替え等、多額の費用がかかる場合
もございます。

弊社はできる限りお客様のご予算をおさえる為、屋根専門の提案、補修、漆喰、修理
のプロのスタッフかかえております。

東京、神奈川エリアの方はHPを見たといっていただければ専門のスタッフが

屋根の調査点検を無料で行います。

※点検、調査のお時間は屋根に上る為1時間程度いただいております。
補修、漆喰、修理施工につきましては次回ブログを見ていただければと思います。

屋根施工対応地域 

東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、栃木、茨城、静岡 

屋根点検調査無料対応地域

東京

■ 区

千代田区中央区港区新宿区 文京区台東区墨田区江東区、品川区、目黒区

大田区世田谷区 渋谷区中野区杉並区豊島区 北区荒川区、板橋区、練馬区

足立区葛飾区江戸川区 

■ 市

八王子市立川市武蔵野市三鷹市 青梅市府中市昭島市調布市 町田市

小金井市小平市日野市 東村山市国分寺市国立市福生市狛江市東大和市

清瀬市東久留米市 武蔵村山市多摩市稲城市羽村市 あきる野市西東京市 

■ 郡

西多摩郡瑞穂町西多摩郡日の出町西多摩郡檜原村西多摩郡奥多摩町

 

神奈川

■ 市

【横浜市】鶴見区神奈川区西区中区南区、保土ケ谷区、磯子区、金沢区、港北区

     戸塚区港南区旭区緑区瀬谷区栄区泉区青葉区都筑区  

【川崎市】 川崎区幸区中原区高津区多摩区宮前区麻生区、相模原市、緑区

     中央区南区

横須賀市平塚市鎌倉市藤沢市小田原市茅ヶ崎市逗子市三浦市秦野市

厚木市大和市伊勢原市海老名市座間市南足柄市綾瀬市 

■ 郡

三浦郡葉山町、高座郡寒川町、中郡大磯町、中郡二宮町、足柄上郡中井町、足柄上郡大井町

足柄上郡松田町、足柄上郡山北町足柄上郡開成町足柄下郡箱根町足柄下郡真鶴町

足柄下郡湯河原町愛甲郡愛川町愛甲郡清川村

※上記以外の地域はお電話にてご相談させていただきます。

 

下記までご相談からお気軽にお問い合わせ下さい。

また相見積もり大歓迎です!! 

 

フリーダイヤル 0120-910-615

社4

               代表取締役 山根 正生

川崎市宮前区リフォーム会社 マサキホーム(株)について(2016年7月29日 社長ブログ更新)

ま1

いつも弊社のHPをご覧いただきありがとうございます。

今回は弊社の事業についてブログを書かせていただきます。

神奈川県川崎市、横浜市を中心に東京、千葉県、埼玉県の関東でリフォーム事業、
建築資材販売をおこなっております。

屋根工事、外壁工事等、外装工事に力をいれ事業をおこなっております。
長年の経営による多数の職人、専門の会社とのやり取りの中で内装工事、外構工事
等も幅広く対応できるよう仕組み作りをおこない色々なサービスをお客様に提供
できるようになりました。

また、弊社は工事件数を増やし、同時に建築資材を販売する事により、商社や問屋
との取引きも増え、その実績により低価格な仕入れを可能にしました。

業務の一環としまして、YouTube、フェイスブック等のソーシャルメディアを利用
し、より多くの人に情報発信をおこなっております。

社員一同の業務内容としまして、現場作業はもちろんのこと

・工事着工前、着工中、着工後、近隣への挨拶
・日々の情報発信の為のブログ
・点検、調査からの撮影、CD‐Rのプレゼント
・工事中のビデオ動画撮影、編集
・工事施工例のビフォーアフター写真撮影、編集
・お客様へのインタビュー、アンケート
・日々の現場作業技術向上に向けた勉強会
・有資格者による新人の技術向上指導
・建材メーカー実施の講習会、勉強会
・徹底された在庫管理
・工事後のアフターサービス、定期点検
・リフォーム低価格セミナー活動
・リフォーム市場の日々の確認業務
・現場の品質管理の徹底
・DIY講習会     等を特に力をいれ、取り組んでおります。

※上記事業内容の項目につきましては、また別ブログでご紹介します。

ma2

お客様に対して『高品質なものを低価格で』を心掛け事業をおこなっております。
弊社のお問い合わせ内容で、地震、台風、突発的な事故や災害等での緊急のお問い
合わせも多数ございます。
また、上記『高品質なものを低価格で』の取組の一環としまして、弊社ではお客様
からのお問い合わせの際は、知識を持った専門のスタッフが地震保険、火災保険等
の仕組みを的確にお伝えし、お客様と協力して保険が使えるように申請手続き書類
のご提供、ご相談、ご協力等もおこなっております。

雨樋が雪害で壊れた、台風で波板屋根が剥がれた、風の強い日に瓦が落ちてきた、
突風により軒天井が剥がれた等、災害でお困りの方は自己負担0円で修理ができる
ように全面的にご協力をさせていただいております。
詳しくは火災保険のブログを参考にしていただければと思います。

弊社はリフォーム、建築の事であれば、常に『頼られる存在』でありたいと考えて
おります。少しでもこの記事が弊社の事業の参考になればと思います。

また、些細な事からお気軽にお問い合わせいただければと思います。

フリーダイヤル 0120-910-615

社4

                代表取締役 山根 正生

マサキホーム㈱近況報告!(2016年7月27日 社長ブログ更新)

いつも弊社HPをご観覧していただきありがとうございます。

ya1
 ※☝先日の屋根葺き替え工事完工写真

現在御見積りを多数いただいておりますが、ご対応遅くなり申し訳ございません。
また、現在着工中のお客様、工期に関しまして雨天、炎天下等が続きその影響で工期
がずれる等、ご迷惑をおかけしております。
ご不便、不自由をおかけしますが引き続き宜しくお願い致します。

さて、本題ですが多数のお客様がいらっしゃる為ご依頼をいただいているお客様に
少しでも現在の状況をお知らせする為、一ヵ月に一度は近況報告をさせていただき
たく思います。

ya2

◆現在着工中の現場 

・横浜市南区 5階建てマンション屋上防水工事外壁塗装工事エアコン3台交換 

・川崎市幸区 屋上防水工事、外壁塗装工事 

・川崎市宮前区 屋根葺き替え、外壁塗装工事 ・・・ 2件同時施工 

・川崎市麻生区 屋根外壁塗装工事 

・千葉県習志野市 屋根外壁塗装工事 

・埼玉県ふじみ野市 屋根葺き工事 

                  同時進行で7現場 が動いております。

その他にここ最近では、営繕工事・二重窓取り付け(インプラス)カーテンレール
の修理・壁穴修理・トイレ交換・ウォシュレット交換・床リフォーム・物干し金具
取り付け・雨樋の修理・足場工事5件等を1日工事で行っております。

御見積り、調査では現在で15件程頂いております。

内容は下記に記載しておきます。

  1. リビング床がブカブカで床下も土なので点検してほしい。
  2. 他社2年前に施工を行ったが、壁から雨漏りがしてきた。見てほしい。
  3. スケルトン物件の購入に伴う概算店舗リフォーム費用の御見積り
  4. アパート強風被害による軒天井の剥れの火災保険申請、御見積り
  5. 自動車整備工場の整備場所リフトの設置及び土間打ち
  6. アパート外構土間打ち及び砕石敷き
  7. 小学校、中学校の雨樋交換
  8. 瓦落下による屋根葺き替え工事
  9. アパート網戸、窓ガラスの交換工事
  10. 屋根裏の断熱に伴うリフォーム工事
  11. 築古物件の耐震診断
  12. 物干し金具取り付け工事2件
  13. 退室の伴うクロス張り替え、ハウスクリーニング
  14. 外壁のひび割れ修繕、外壁塗装
  15. 強風による剥れの波板の張り替え

上記が現在御見積り調査をいただいている内容になります。

多種多様な依頼を請け負っている為、ご対応が至らない部分やご不便ご迷惑をおか
しております。
社員一同、敏速な対応、お客様に対して最良の提案を心掛け行っておりますので今後
とも宜しくお願い致します。

フリーダイヤル 0120-910-615

社4

                代表取締役 山根 正生

横浜市川崎市 物干し金具ホスクリーンについて①(2016年7月18日 社長ブログ更新)

マサキホーム株式会社の代表の山根です。

いつも弊社のHP、ブログを見て頂きありがとうございます。

今回は最近お問い合わせが非常に多い物干し金具についての記事を書かして頂こうと
思います。

社1

梅雨時期になると、毎年お問い合わせが急増する物干し金具の取り付け工事ですが、
以下のようなお問い合わせの内容が多いです。

「洗濯物が乾かないので、洗濯する量が増え干すところがない」
「外に洗濯物を干すと雨で濡れるので室内で干せるようにしたい」
「子供が増え予想外に洗濯物が増えた為困っている』

等理由も様々ですが、どのお問い合わせ内容も洗濯をする量と干せる量が異なると
いう事です。

お洗濯は、時間、場所、数量、環境…   色々あるから大変です。

弊社ではそんなお困りごとを解決する為、専門の職人、物干し金具等の取り付けの
際に必要な外壁の知識や室内天井等の知識、また取り付け工事に関わる必要な施工
の技術を持った職人が対応しております。

物干し金具の取り付けでは、知識が多少おありの方はDIYで取り付けよう!って考え
るのですが、その際に、外壁に穴をあけ取り付け後にグラグラする。取り付け位置を
間違えた。商品を購入したが物干し金具を取り付ける為の必要な工具や梯子が無い
為、取り付けを断念した等の声をよく聴きます。

やはり上記の事から、工具、梯子等の準備や取り付け後の仕上がりの事を考えると
専門の会社に依頼する事をお勧めします。

物干し金具と言っても、メーカーによって様々な形状や長さ、仕様する用途のよっ
て異なる為、どのような物干し金具を選ぶのかの選定が必要になります。

弊社がお勧めしているメーカーは川口技研の物干し金具になります。
種類が豊富で、色々なタイプや機能がある為お勧めします。

ホスクリーン製品を下記に記載しておきます。

上記の様に多様なホスクリーンがあります。取り付け場所を決めてから、どのよう
なタイプがあっているのか等を調べる流れになります。またその際に梯子が必要な
のか、天井に穴をあけるのか、外壁に穴をあけるのか等の点検も必要になります。

先日お問い合わせをいただき、商談でご依頼をうけました。

今回は川口技研の窓壁用ホスクリーンHK‐75型 LB(ライトブロンズ)という商品の
施工になります。 窓壁用ホスクリーンという商品は、名前の通り窓の横の壁に取り
付ける商品になります。

窓壁用ホスクリーン

社2

手軽な角度調整で、 室内からもらくらく干せる 窓壁用の決定版、掃き出し窓やスペ
ースの狭いベランダの窓壁側に取付けるタイプ。竿を掛けたまま角度の変更※がで
きるので、最適な高さで物干しが行えます。

社3

アームの角度を多段階で調整することができます。また、お引渡し時や使用しない
ときには、邪魔にならないように下向きに折りたたむことができます。

またサイズな等もございますので、お問い合わせ下さい。

工事の詳細は次回ブログでお知らせさせていただきたく思います。

物干し金具でご興味、ご要望等ございましたら下記までお問い合わせ下さい。
専門のスタッフが対応させていただきます。

フリーダイヤル 0120-910-615

社4

                代表取締役 山根 正生

マサキホームFacebookを始めました!(2016年5月31日 社長ブログ更新)

マサキホームFacebookを始めました! 

a1

5月からフェイスブックを始めました。
社内でマサキホームの情報発信をどうしていくのか、お客様ともっと身近な存在で
ありたいという想い等から、弊社の社員と打ち合わせをし始める事としました。

始めのうちは月に5記事程度を更新の頻度として行う予定で考えております。
ご興味や投稿に共感等ありましたら、ぜひ『いいね』をお願いします!

a2

主に新着の情報をブログと併用しお知らせできればと思っております。
またコメント等も大歓迎です!!
リフォーム以外の事でも些細な疑問やご質問をしていただければお応えします。

始めのフェイスブック記事の内容はこちらのブログにも記載したく思います。

先日世田谷区で屋根葺き替え工事、外壁塗装工事のご依頼がありその際、とてつもなく
猛暑の中、社員がひたすら屋根瓦を運びもくもくと頑張っていたのでこのような記事を
Facebookの初めての記事にさせていただきました。

a4
 ※☝本日の社員 いいね(*^▽^*)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ 

Facebook記事 ↓

初投稿です。やはり初投稿は社員が頑張っている姿でしょ ( ´ ▽ ` )ノ と思いたち、
本日弊社の社員が送ってくれた動画をあげる事にしました ( ̄^ ̄)ゞ 

世田谷区で屋根葺き替え工事を行っています!
本日から瓦おろしです。
130㎡の瓦を剥がしてリフトに積んでトラックに積み込み ( ̄^ ̄)ゞ
130m2でおよそ2500枚の瓦を剥がさなくてはなりません ( ;´Д`)
そして捨てなければなりません ( ;´Д`) 

※誰か欲しい人いますか?笑 

いつも頑張っている社員の姿は、やはりカッコ良いし、誇らしい( ´ ▽ ` )ノ 

まさに・・・いいね( ^_^)/~~~ 

明日は一緒に屋根工事の続きだ( ´ ▽ ` )ノ 

自ら現場です(⌒-⌒; ) 

今後は色々な事をFacebookページで発信していこうと思います。 

また、弊社のブログでも記事を書いておりますので遊びに来てください! 

いつも見てくれている方本当にありがとうございます! 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

このような記事をあげさせていただきました!

Facebookには動画ものせてあるのでぜひご覧ください!

マサキホームFacebookページのいいね!をしてくれた方には特典!等の企画を社員が
考えていたので正式に決まり次第お知らせ致します。

長々と最後まで読んでいただきありがとうございました!
ご質問、お困り事、ご相談等ございましたらお気軽に下記までお問い合わせ下さい!

 

フリーダイヤル 0120-910-615

社4

                    代表取締役 山根 正生

住宅等の雨漏れについて 必見!(2016年5月27日 社長ブログ更新)

川崎市宮前区のマサキホーム㈱です。
先日、3件の雨漏れ調査に行ってきました。
弊社では台風や梅雨、ゲリラ豪雨や季節の変わり目の時期になり、雨がふるとお問い合わせが
月に15件~20件ほど来ます。
特に最近は異常気象で天変地位等の影響で住宅が悲鳴をあげています (*´Д`)
お問い合わせ内容は
『2階の天井にシミができており雨漏れがしているので急いで見に来てください』や『窓の上
の箇所から雨水が落ちてくるから一度点検してください。』『工事をしたが雨漏りがなおりま
せん。調査をお願いします。』等、様々な内容でお問い合わせが来ます。
特に風が強く雨量が多い日は、電話が鳴り止みません ( ゚Д゚)

雨漏れでお困りのお客様は以外と多いのです (+_+)

社長1

 弊社では、住宅やマンション等のリフォームを行っており、多岐にわたる工事を請け負って
おりますので、原因追究から原因箇所の特定、原因箇所の解決、被害箇所の修繕が可能です。
では、雨漏れってどんな雨漏れがあるのでしょう?
下記に詳しくまとめました。

 

部位別雨漏れ事例

①屋根からの雨漏れ天窓からの雨漏れ、屋根裏換気口からの雨漏り
 和瓦の割れ、和瓦のズレ、棟瓦の欠落、面戸漆喰の剥れ、鬼瓦の傾き、防水シートの剥れ、
 スレート屋根の棟板金の腐り、剥れ、縁切り不良、コーキングの劣化、スレート瓦の割れ、
 浮き苔、谷樋からの雨漏れ、施工不良、役物の収め不良、壁際板金からの雨漏れ天窓からの
 雨漏れ、屋根裏換気口からの雨漏り

②外壁からの雨漏れ
 モルタル外壁のクラック(ひび割れ)外壁材の劣化、欠落、損傷、サイディングの割れ、欠落、
 目地コーキングの劣化、剥れ、反り、施工不良、屋根材と外壁材の境目、取り合いの不良、
 役物の収め不良、防水シートの劣化、タイル壁の割れ、欠落

③ベランダ、屋上の雨漏れ
 ベランダ床のひび割れ、亀裂、ベランダ立ち上がり(水切り)からの雨漏り、ウレタン防水材
 の劣化、シート防水の剥れ、浮き、切断、劣化、FRPの施工不良、劣化、外壁材の境目、排水不
 良、オーバーフロー、笠木と外壁材の継ぎ目、笠木の巻き込み雨漏れ、物干し金具の施工不良

④窓からの雨漏れ 
 出窓サッシ上部、裏側の雨漏れ、隙間、コーキング材の切れ、コーキング施工不良、サッシ取付
 け時施工不良、サッシの防水テープ施工不良、窓シーリング材の劣化、結露、雨仕舞の処理不良

⑤破風板、軒天、雨樋からの雨漏れ 
 破風板の劣化、ズレ、腐り、反り、継ぎ目の老朽化、欠落、施工不良、軒天の剥れ、腐り、雨水の
 吸い上げ、欠落、施工不良、雨樋の排水不良、傾き、欠落、雨樋施工不良、オーバーフロー

 上記の様に原因は様ざまで、雨の降り方やどこから雨漏れするのか?等雨漏りの特徴を
 明確に考える必要があります。

 さてそこで先日伺った3件の症例をあげさせていただきました。

 

点検調査事例

1件目
藤沢市築35年 瓦屋根からの雨漏れ
相談内容…2階の天井に凄いシミがあり雨漏りしているので見てほしい。

こちらが天井のシミ↓
社長2

屋根にのぼり点検中↓
社長32
屋根の棟下漆喰等が劣化しており棟瓦から雨水が侵入しておりました。
瓦屋根は地震等で瓦がずれており台風等で屋根漆喰が剥がされているケースが多々あります。
定期点検が必要不可欠な部位になります。
雨漏れをしているとの事でしたのでその場合、防水シートが破けてる可能性がある為屋根の
葺き替えを提案をさせていただきました。

2件目
世田谷区 築16年 サッシからの雨漏れ
相談内容…2階天井から雨漏れがしてきてハウスメーカーに相談したが、雨漏れの原因が、
わからず放置になっている為、調査をしてほしい。

散水試験で点検中↓
社長41

至る箇所を点検調査(屋根、外壁、窓、屋上)↓
社長5

今回は散水試験で調査しました。
散水試験とは漏水個所を判断するため怪しい箇所をホース等で水をまき調べるやり方です。
水道ホースからの水圧、水量では原因がわからなかったため、弊社の高圧洗浄機で散水試験を
することにしました。
高圧散水試験で調査をおこなった結果、屋上出入り口のドアサッシ枠からの漏水であることが
判明しました。
かなりの水の量が室内にきました (+_+)
原因がわからず1年間悩んでいたため、原因わかり安心した様子でした。
サッシ枠の交換もしくはシーリング材による補修をお勧めしました。

3件目
高津区 築20年 ベランダからの雨漏れ
相談内容…中古住宅を購入したが1階の天井から雨漏りしておりどこから雨漏れがしているか
全くわからず調べてほしい。

点検中↓
社長6

外壁、下屋根、ベランダ至る箇所を調査↓

社長7

今回も高圧洗浄機を用いて、調査を開始。
なかなか漏水が確認できず2時間後、やっと原因箇所の判明。
ベランダの立ち上がりと壁の取り合いからの雨漏りでした。
応急に防水テープ等で補修。
ベランダ防水と外壁の補修をお勧めしました。

 

雨漏れに対する対策、対処

雨漏れは、気づかないうちに進んでいるケースが多々ございます。
雨漏れを放置してしまうと、特に木造住宅の場合、木材に対して悪影響を及ぼします。

社長8

木材の腐り、湿気、天井材のシミ、カビ、断熱材の劣化、外、内壁材の欠落、酷い場合には
床下 などにキノコが生えたり、屋根裏では配線がとおっているため、漏電をおこすケースも
ございます。
また、シロアリ等も水を含んだ木材を好む為、シロアリ被害にあう可能性もあります。

下記のような住宅は早急な点検調査をおすすめします。

①〇新築もしくは以前に雨漏れがあった。
②〇年以上も住宅の点検をしていない。
③〇10年を超えている。
④〇屋根裏、床下を一度も見たことがない。 
⑤〇近所で雨漏れがあった。 
⑥〇所でシロアリ被害があった。
⑦〇外壁のひび割れが多い。 
⑧〇屋根にコケやカビが生えている。
〇ベランダが劣化している。 
⑩〇建てた会社が倒産している。

上記3つ以上あてはまる項目がある場合は雨漏れがおきている可能性がございます。
専門会社に早急な点検、調査をお勧めします。

社長9

まとめ

今回は、雨漏りについてお話をさせていただきました。
住宅の雨漏れで長年苦しんでいる方や、今後雨漏れをして悩んだり困ったりし途方にくれない
よう にと思いこのような記事を書かせていただきました。
弊社は雨漏れに対し適切な判断する為、常日頃、自社で強会等を行っております。
また、雨漏れで困っている方々に対して相談会等も行っております。
点検調査は無料で行っております。機械を用いての場合は有料になります。
ご相談事などございましたら下記までお問い合わせ下さい。

雨漏れ高圧散水試験の動画はこちら↓

 

 

リフォームのお悩み解消はこちら ➡ “マサキホ-ム”

tel

ニチハ金属外装材工事店について (2016年2月20日 社長ブログ更新)

ニチハ金属外装材工事店について

本日も宮前区鷺沼の屋根調査に伺って来ました。HPからのお問い合わせで、屋根が傷んでいると業者に言われ心配になり、近所にあるマサキホームさんにお電話をしたとの事でした。
早速、現場を調査してみると、屋根のスレート瓦が何枚か割れていました。
お客様にご報告すると、屋根の葺き替え工事の話にもなり、弊社はニチハの金属外装材工事店で、ニチハの商品でしたら比較的安くご提案できる旨をお伝えすると、「ニチハの外装材工事店って何ですか?」とのご質問が、、、ありましたので簡単ではございますが説明させていただきます。

外装材工事店とは、屋根材や壁材を取り扱っているニチハというメーカーが実施した所定の研修会を受講し、一定条件をクリアしメーカー公認の工事店として登録した施工会社のことです。

下記 ニチハ金属外装材工事店登録証

写真(ニチハ登録証)

そもそもニチハというメーカーを知らないとの事でしたので、今日のブログでご説明しますのでぜひ見て下さい!とお答えさせていただきました。 ( ´ ▽ ` )ノ
まずは、ニチハと言う会社から説明します。

ニチハ株式会社

事業内容は、窯業系外装材の製造および販売、金属系外装材の販売、ハードボード・各種建築材料の販売等を行っているこの道の大企業です。

   ※ 詳しくこちらをクリックして下さい   ニチハ株式会社

新築やリフォームでも多数の住宅や店舗の屋根材、外壁材等に使用されています。
弊社ではこちらのニチハ株式会社の商品(屋根材及び外壁材)を多数販売、提案、工事施工させていただいております。
その功績が認められ、商品を低価格で仕入れることができるようになり、弊社のモットーであります、お客様に『高品質な物を低価格で』の実現にむけ、従業員一同頑張っております。
また、施工技術に関してニチハ金属外装材施工管理士、施工士と言う資格をとり、施工マニュアルに沿った施工方法の徹底や教育にも力をいれ行っております。

2015年の9月よりニチハ金属外装材工事店の一員となり約半年になりますが、屋根材や外壁材の販売のみの依頼も増えておりたいへん嬉しく思います。

写真(ニチハ)

その商品のなかでも、弊社一押しの屋根材『横暖ルーフきわみ、きわみα、プレミアム』と言う商品がお勧めです。

   ※ 詳しくはこちらをクリック ➡ ★2016年2月17日(横暖ルーフについて)

弊社はトータルリフォーム会社です。専門知識のあるスタッフが様々なご提案をさせていただき、屋根や外壁、内装や外構、全ての商品を低価格かつ、施工技術の優れた専門スタッフが施工させていただきます。
弊社の事業取り組みとしてニチハ以外にもリクシル、TOTO、大手塗料メーカー等の研修や、講習、社内では勉強会等を常日頃行っており、スタッフの育成、教育に力をいれています。

最後になりますが、お客様から「マサキホームに頼んで良かった」とのお言葉がいただきるよう、今後とも社員共々頑張ってまいります。

今回は、上記の想いや社風等、少しでも点検や調査依頼をされた方々に知っていただければと思いこのようなブログを書かしていただきました。
だいぶ余談がはいりましたが、『ニチハ金属外装材工事店』についてでした。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

tel

 

 

2015年12月24日 年末年始休業のお知らせ

お客様各位

            年末年始休業のお知らせ

 今年も皆様のご支援ご協力を賜わりましたことを厚く御礼申し上げます。
弊社では、誠に勝手ながら下記の期間中を年末年始休業とさせていただきます。 お客様に
は、ご不便ご迷惑をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

◆ 年末年始休業日 ◆
2015年12月28日(月)~ 2016年1月5日(火)の9日間

なお、 年末年始休業中につきましても、災害発生等、緊急につきましてはメールでご対応を
させていただきますので、下記メールアドレスまでお問い合わせ下さい。

info@masaki-home.com  山根迄

 

上記につきまして、ご不明な点がございましたら、下記の担当窓口までお問合せ下さい。

マサキホーム株式会社 代表取締役 山根正生
【フリーダイヤル】 0120-610-950
【携帯電話】 080-4120-3258