作成者別アーカイブ: masaki-home

サンゲツのリフォーム向け壁紙とは?デザインや機能など選び方を解説(2021年6月17日 現場ブログ更新)


サンゲツより引用

こんにちは。川崎市宮前区リフォーム会社のマサキホーム株式会社です。

★「理想の新築を建ててから数十年、いつどうやって蓄積されたのかもわからない手アカ傷の汚れがちらちらと目に入り気になる」
★「年齢や生活環境が変わるにつれて部屋の雰囲気も変えたいが、理想の部屋を作るにはどこをどう変えれば良いかわからない」
★「壁紙で生活をリフレッシュしたいが、どんな色や材質、機能のものがあるのか。またそのどれが自室に合うのか見当がつかない」

そこまで頻繁に変更できるかというとそうではないけれど、様々な種類の中から好みのものを選べばあっという間に心地よい空間に大変身をとげる便利アイテム、「壁紙」
しかし、豊富なバリエーションでどんな理想でも叶えてくれる壁紙だからこそ、自分のどんな思いを優先して、どこにどう貼れば思い通りの室内になるのか迷ってしまう方も多いのでは?。

日頃そのようことをお考えの皆さまの一助となりますように、今回はサンゲツのリフォーム向け壁紙商品についてお話しします。
この記事では、サンゲツのリフォーム向け壁紙商品から、それぞれ特徴の異なるおすすめの商品をご紹介します。壁紙リフォームの際の参考にしてみてください。

<参考> リフォーム向けの壁紙とは?
ひとことで壁紙と言っても目的によって様々な種類があり、リフォームに向いている壁紙があります。壁紙のみの張り替えをお考えの場合、厚みのある商品が最適です。薄い商品を選択すると、古い壁紙をはがした後に残るのりなどの凹凸によりきれいに見えない可能性があります。

 

1.リフォーム向け壁紙の選び方は?

(1)デザインで選ぶ

①複数人が交流したり、それぞれリラックスする場所(リビングなど)
 ⇒ シンプルに、ホワイト系の無地

サンゲツより引用

誰がいても、どんな状況でもリラックスできるよう、あまり視界の邪魔にならず飽きの来ない色味を選択するのがおすすめです。

②プライベートで、集中が必要な場所(書斎など)
 ⇒ お好みで、カラー系の無地

サンゲツより引用

主にひとりで集中することが必要な場所は、少しご自身やその場所を使う同居人の好きな色味が入った壁紙がおすすめです。柄までいくと気が散ってしまいますが、ほんのり心地よい色に寄せることで作業などもはかどるでしょう。

③滞在時間は短いが、日々立ち寄るプライベートな場所(トイレなど)
 ⇒ 思い切って、柄

サンゲツより引用

長時間滞在しない場所は、アクセントのある柄がおすすめです。毎日短時間滞在する場所は、飽きることなく適度な刺激で明るい気持ちになれます。

(2)機能で選ぶ

①フィルム汚れ防止壁紙
汚れが拭き取りやすくい壁紙です。食品にも使用されるほど安全性の高い「エバールフィルム」が表面に加工されています。
抗菌性の高いフィルムは、子供のいる家庭におすすめです。

②ウレタンコート壁紙
きれいに貼れるので、「玄関」など多くの人の目に止まりやすい場所に最適です。キズがつきにくく、汚れが落としやすいのも特徴です。

③ハードストレッチ壁紙
撥水コートによる汚れの拭き取りやすさに加えて、強度のある壁紙に伸縮性をプラスすることで、キズへの耐性はもちろん、ひび割れをおさえることができます。

➃スーパー耐久性壁紙
一般ビニル壁紙と比較して、引っかきキズや衝撃に強く、換気をすることによって嫌なにおいが室内にこもりません。
ペットと暮らすにあたって、汚れやにおいが気になる方が圧倒的に多く、そういった方々にとって嬉しい壁紙です。

⑤抗アレル壁紙
表面に塗布された薬剤によって、ダニアレル物質82%低減、スギ花粉荒れる物質を約72%低減するなどアレルギー症状の原因となりうる物質の働きを抑えることができます。
花粉症の症状に悩まれている方におすすめです。

⑥ルームエアー
消臭効果のある壁紙です。においと消臭剤の化学反応で嫌なにおいを消します。生活していると避けられない生ごみやトイレのにおいに加えて、新築やリフォーム直後のホルムアルデヒドにも効果を発揮します。
そして、その効果が約10年持続するため、次の壁紙の張り替えまで安心して使い続けることができます。

⑦エコリフレクト
室内の明るくする手助けができる壁紙です。光を反射し、拡散することでお部屋が明るくなります。照明だけに頼る必要がなくなるため、節電の効果が来たいできます。
長時間明かりが必要な場所に設置することをおすすめします。

⑧吸放湿壁紙
湿気を調整できる壁紙です。コップ6杯分の湿気を吸収し、放出できる吸水性ポリマーが配合されているため、結露やカビの発生を抑えられます。
また、乾燥しているときには水分を放出して調整することが可能です。

⑨通気性壁紙
室内の湿気を排出することができる壁紙です。結露やカビの発生を抑えることはもちろん、石膏ボードと組み合わせると室温の調整やホルムアルデヒドの低減にもつながり、より効果的です。

⑩珪藻土壁紙
自然素材で、湿度の調整や消臭ができる壁紙です。珪藻土は、季節に合わせて湿気を吸収したり、水分を放出して乾燥を防いだりします。
なんと、石膏ボードとの組み合わせで結露や嫌なにおいに対応するだけでなく約コップ12杯分の湿気を吸収し、放出することもできます。

 

2.まず理想の空間をイメージするところから始めよう

壁紙のリフォームを考えるとき、まずはご自身や同居人の暮らしをとことんイメージすることが必要です。どのような部屋にしたいのか、また既に置いてある家具との相性など、写真やイラストなどを用いて考えるのもいいかもしれません。
今のライフスタイルから今後どうしたいのか、それが実現可能かどうか想像しましょう。

壁紙の色のことだけを考えるのではなく、床やドアとのバランスを見ることも必要です。壁紙の基本の色を木目の色に合わせたり、床・壁・天井の順に明るくすることを意識して空間を広く見せるテクニックもあります。

デザインだけでなく、機能もとても大事です。お手入れのしやすさや、アレルギーの低減、ペットのにおい対策などそれぞれの困りごとは意外と多いかもしれません。この機会にご自身が必要とする壁紙の特徴を理解することで、今後の生活がさらに心地よくなるよう正しい壁紙選び行って下さい。

ある程度方向性が定まったら、大きなサンプルを手に取ってみるのもおすすめです。カタログを見ただけでの想像は、実際と雰囲気が異なることが多々あります。トラブルを避けるためにも、施工前にサンプルを活用し納得のいく壁紙選びを行いましょう。

 

3.壁紙を張り替えて、リフレッシュしよう


サンゲツより引用

サンゲツの壁紙を紹介しながら、壁紙の選び方について解説してきましたがいかがでしたでしょうか。参考になりましたでしょうか。

デザインのみの視点で、カタログを見ていてもとても多くのバリエーションがあります。その他に機能性の視点で見ても色々な悩みに対応する商品があり、選択肢が沢山あることがお分かりになったと思います。

《 約10年に1度は張り替え時がくる壁紙 》
皆さまがそのときのライフスタイルにあった商品を選び、形を変えながらもずっと心地よいマイホームでありますように祈っています。

 

壁紙リフォームのご相談はマサキホームまで!

サンゲツの壁紙おすすめ商品についてご紹介してきましたが、費用や工事日数など具体的なご相談につきましてはいつでもご連絡ください。

無料でお見積もり・現地調査を行っております。小さな不安や疑問も是非お気軽にマサキホームまでご相談ください!

 □■ お電話でのお問い合わせは
    フリーダイヤル 0120-910-615 ■□
 □■ メールでのお問い合わせは
    info@masaki-home.com ■□
マサキホーム㈱ お問合せ窓口 担当 山根 

 

  外壁工事に関する情報はこちらを ご覧ください! 

 

tel

外壁塗装の色の選び方とは?色選びを失敗しないための方法をご紹介!(2021年6月10日 現場ブログ更新)

こんにちは。川崎市宮前区リフォーム会社のマサキホーム株式会社です。
外壁塗装をする上で、最も気になる部分といえばどの色を選ぶかではないでしょうか?色の種類は豊富にあるため、サンプルを見せられてもどの色が良いのかわからないでしょう。

そこで今回ご紹介するのは、外壁塗装の色を選ぶ際のポイントについてお話します。「この色が好きだから」という理由だけで選んでしまうと、実際に施工した後で想像とは違う仕上がりになってしまうかもしれません。
外壁塗装を検討している方はこの記事を参考にして、色選びを失敗しないようにしてください。

 

1.色選びのポイントはある?

施工会社に外壁塗装を依頼すると、さまざまな色のサンプルを見せてもらうと思います。豊富なカラーバリエーションの中から選ぶのはワクワクして楽しいですよね。しかし、色の種類が多すぎて、どれを選ぶか悩んでしまう方も多いことでしょう。そこでまずは、色選びのポイントをいくつかご紹介します。

①変色しにくい色を選ぶ
外壁は常に、紫外線の光を浴びています。紫外線が当たると、どの塗料を使ったとしても変色は避けられません。しかし、変色しにくい色を選ぶことで、変色のスピードを遅らせることができます。
変色しにくい色として挙げられるのが、白・黒・青・ベージュ・ブラウン・グレーの寒色系でシンプルな色です。逆に赤や紫といった鮮やかな色は、変色のスピードが速くなってしまいます。
変色すると、それだけで建物の美観が損なわれるでしょう。どうしても鮮やかな色を使いたいという方は、全体ではなく一部にアクセントとして入れるようにすることをおすすめします。

②虫除け対策になる色を選ぶ
実は外壁の色には、虫除け対策になるものがあります。その色とは、黒・グレー・ブラウン・赤系です。
虫は、紫外線を反射する色に集まりやすいという習性を持っています。反対に、紫外線を反射しない色には集まりづらいのです。そのため、暗い色の方が虫除け効果が高いといえるでしょう。
せっかく外壁を塗り替えたとしても、虫が集まってきては見た目が良くありません。暗い色でも構わないという人は、反射率が低い色にして虫除け対策に繋げましょう。

 

2.人気の色にはどのような色があるの?

外壁塗装の色選びのポイントをご紹介しましたが、どのような色にするかのイメージは湧きましたか?続いて外壁に人気の色についてもご紹介します。

①ベージュ

最も流行している色といえるのが、ベージュです。シンプルで無難な色なので、周りの家と比べても浮くことはありません。周りの景観を損なわないので、取り入れやすい色といえるでしょう。また、汚れが目立ちにくいというメリットもあります。見た目も落ち着いた印象になるので、高級感がある見た目にしたいという方はベージュを選ぶと良いでしょう。

②グレー
白と黒の中間に位置しているグレーは、ベージュと同様に周りに馴染みやすいという特徴があります。ベージュと比べると温かみはありませんが、その分クールな印象を与えられるでしょう。汚れが目立たないだけではなく、変色を防いだり、虫除け対策になったりと、グレーはまさに万能の色です。

③ブラウン
ブラウンが最も流行していたのは、平成中期でした。タイル張りの家が増えたことで、レンガ調の外壁にしたいという方が増えたからではないかといわれています。ブラウンの人気は今も衰えず、温かみがある上に大人な印象を与えてくれる色です。ただ、ブラウンは濃いものから薄いものまで、さまざまなバリエーションがあります。そのため、施工業者との入念な打ち合わせが必須です。思っていた色と違うといった事態にならないよう、ブラウンを選ぶ方は特に、打ち合わせはしっかりと行いましょう。

➃白

昭和終期から平成初期で流行した白ですが、汚れが目立ちやすいという理由で昔と比べると白を選ぶ方は少なくなりました。それでも、清潔感があっておしゃれに見える白の人気は健在です。白は膨張色でもあるので、家を大きく見せるという効果もあります。周りの木々や花の色が映える仕上がりになるので、家庭菜園をしている方や花を育てている方にはおすすめの色です。

⑤黒
クールで重厚感を与える色といえばです。外壁を黒にするだけで、スタイリッシュな雰囲気を与えることができます。デメリットとして挙げられるのが、熱を吸収しやすい点です。外壁の温度が上がってしまうため、家の構造によっては夏場が蒸し暑くなってしまうかもしれません。そのため、黒を選ぶ場合は断熱材を使用することをおすすめします。

⑥赤
情熱的で元気な印象を与えるは、レンガ調の外壁として使われることが多いです。しかし、原色の色鮮やかな赤にすることはお勧めしません。周りの家から浮いてしまい、ご近所トラブルにつながるかもしれないからです。もしも赤を使用する場合は、濃い赤にするか一部分のみに使用するかで、周りとのトラブルを避けるようにしましょう。

⑦オレンジ
オレンジも赤と同じ暖色系ですが、赤と比べると親しみやすい印象があります。小さなお子様がいらっしゃる家庭にはぴったりの色かもしれません。しかし、濃いオレンジを使ってしまうと周りの家と比べて浮いてしまう可能性もあります。もしもオレンジを選ぶのであれば、薄い色で発色が良い色を選ぶと良いでしょう。

⑧青
爽やかな印象を与えるも、人気が出ている色です。青は集中力を高める色としても知られているので、テレワークが増えた今、外壁を青にしたいという方も増えています。薄い青であれば涼しくて洗練された印象も与えることができるでしょう。

⑨緑

といえば、自然を連想する人も多いでしょう。緑にはリラックス効果があるので、高齢者からの人気も高い色です。ナチュラルなイメージとなるので、緑の外壁にするだけで家が安心した場所のイメージになることでしょう。濃い色から薄い色まであるので、お好みに合わせて選ぶこともできます。

⑩ピンク
可愛らしい見た目にしたいという方の中には、ピンクを選ばれる方もいます。女性らしい印象があるので、娘さんがいらっしゃる家庭では特に人気がある色です。ただ、周りの家の見た目によっては、ピンクにすると浮いてしまう可能性も拭えません。周りから浮いてしまうことを避けたいのであれば、全体ではなく、一部にピンクを使うようにすると良いでしょう。

⑪マルチカラー・ツートンカラー
人気の色をいくつかピックアップして紹介してきましたが、一色には絞りきれないという方もいるかもしれません。そこでおすすめなのが、マルチカラーやツートンカラーといった複数の色を使う手法です。複数の色を組み合わせることで、デザイン性の高い仕上がりを実現することができます。もし、自分がしたい色と実現可能な色が異なる場合は、マルチカラーやツートンカラーを検討してください。

 

3.まとめ

今回は、外壁塗装をする際の色選びのポイントについてご紹介しました。皆さんの色選びの参考になりましたか?外壁塗装は何度も行うものではありません。そのため、一回一回の施工を大切にし、妥協しない色選びをしていただきたいと思っています。

マサキホーム株式会社では、外壁塗装屋根塗装を承っている会社です。豊富なカラーバリエーションの中から、皆さんにとって最適な色を提案いたします。

 

ご相談は「マサキホーム」まで!

無料でお見積もり・現地調査を行っております。小さな不安や疑問も是非お気軽にマサキホームまでご相談ください!

 □■ お電話でのお問い合わせは
    フリーダイヤル 0120-910-615 ■□
 □■ メールでのお問い合わせは
    info@masaki-home.com ■□
マサキホーム㈱ お問合せ窓口 担当 山根 

 

  外壁工事に関する情報はこちらを ご覧ください! 

 

tel

ウッドデッキに生えたコケを除去して見違えるほどきれいにする方法!(2021年6月3日 現場ブログ更新)


こんにちは。川崎宮前区のリフォーム会社マサキホーム株式会社です。

ウッドデッキが汚れてコケが広がっていませんか?
普通に掃除するだけでは木材に張り付いたコケは落ちませんよね。
長く気持ちよくウッドデッキを使うために、コケを落としてきれいに保つ方法を紹介していきましょう!

 

1.ウッドデッキに生えたコケを落とす方法5選


ウッドデッキに生えたコケは自宅にあるもので落とすことができます。

①キッチン用洗剤で落とす
コケはキッチン用の中性洗剤で落とせます。ウッドデッキをほうきなどできれいに掃いたら、水・キッチン用洗剤を撒いてデッキブラシやたわしなどで木目に沿ってこすります。最後に水洗いをして完了です。

②コケは熱湯に弱い
コケは熱に弱いので、コケの生えてる部分に熱湯をかければ死滅します。熱湯をかけて死滅したものをデッキブラシなどでこすり水洗いしたら完了です。
けれどこの方法は広範囲だと効率が悪くやけどの危険もあるので、あまりお勧めはできません。

③カビキラーも効果的
カビに効果のあるカビキラーはコケの除去にも効果があります。コケの生えてる部分に直接スプレーして、デッキブラシやたわしなどでこすればほとんどのコケやカビは落ちるでしょう。よく水洗いして完了です。

➃高圧洗浄のパワーではがす
効果が高いのが高圧洗浄を使う方法です。家庭用のものもホームセンターなどで売られています。パワーがあるので女性の取り扱いには注意が必要ですが、見違えるようにきれいなります。

⑤サンドペーパーで削り取る
しっかりコケやカビが付着している場合はたわしでこすっても落ちないかもしれません。この場合目の荒いサンドペーパーを使って削り落とすのが良いでしょう。塗装をし直すために古い塗装をはがす場合は80番の粗さのものがおすすめです。

 

2.ウッドデッキを塗装するなら水性?油性?


ウッドデッキのコケをきれいにしたら、早めに塗装をして再びコケを生えにくくしましょう。塗料には水性のものと油性のものがありますが、どちらにもメリットデメリットがあります。

①水性塗料の特徴
◎メリット
多くの色から選べるので好みの色にすることができます。
塗料を薄める場合やハケを洗うときに水で良いので、DIY初心者も扱いやすいでしょう。
●デメリット
水性塗料の性質は高いものがほとんどですが、膜を張る傾向があるので、水性塗料を塗るウッドデッキの材質によっては剥がれやすい場合もります。

②油性塗料の特徴
◎メリット
木材に使う油性塗料はオイルステインといわれるものが多く、木に浸透するので木材本来の美しい木目を生かした仕上がりになります。
また防腐効果や防虫効果があるものが多く木材自体の寿命が伸びます。
●デメリット
木材に浸透するので塗りムラができやすく、乾燥する間匂いが気になります。
また水性塗料に比べて価格は高めです。

 

3.ウッドデッキの塗装は塗装前の工程が重要!


ウッドデッキに使う塗料が決まったらウッドデッキを塗装しましょう。
きれいに仕上げるためには塗装前の下準備が重要です。

①ゴミやほこりを取りのぞく
木を乾燥した状態で雑巾などでゴミを取り除きましょう。
重要なのが、ウッドデッキが乾燥している状態ということです。
洗剤やデッキブラシ、水洗いをしてコケなどの汚れを取り除いた場合は天気のいい日に1日、2日ほど乾かしてから塗装しましょう。

②サンドペーパーでなめらかにする
木材の塗装は表面がなめらかなほど仕上がりが綺麗になります。
もともと塗装してある場合はサンドペーパーを使って塗装をはがしましょう。範囲が広い場合は電動のサンダーを使うと作業がはかどります。

③壁やサッシなどの養生をする
養生をすることで手早くきれいに仕上がります。外壁とのさかい目、サッシのふちなどに塗料がつかないよう養生してから塗装を始めましょう。
ガムテープとビニールが1つになった塗装用のマスキングテープはホームセンターなどで売っています。

④塗装
はじめに床板のすきまや手すりなどの塗りにくい部分から塗料を塗り、平らな面を1枚ずつ丁寧に塗っていきましょう。木目の方向にローラーやハケを動かすと木目を生かして綺麗な仕上がりになります。

⑤重ね塗り
ウッドデッキの塗装は3回ほど塗ると機能性や色味を高められるものも。乾燥させてから重ね塗りをしていきます。最初にムラになってしまうと重ねて塗ってもムラになりやすいので気をつけましょう。

 

4.ウッドデッキの塗装の目安年数は?

①1年で変色
ウッドデッキは設置してから1年もすると白っぽく変色してきます。この色味を経年変化と楽しむ方もいますが、木を長持ちさせるために1年ほどで塗装を行うことは全く問題ありません。

②3年〜5年でカビやコケが生える
一般的に3年がウッドデッキのメンテナンスの目安とも言われています。
3年〜5年ほどでカビやコケが生えてくるようになりますが、これは木材の防水機能が落ちて水分を吸収しはじめているからです。
3年とは決めず、変色を目安に掃除・塗装をするのも良いでしょう。

③5年〜8年で部分腐食、反り、割れが起こる
ウッドデッキのメンテナンスを全くしないまま紫外線や雨にさらされていると、防水機能がなくなります。木材が水や湿気を吸収して板が反ってきたり割れてきたりします。また木が腐ってしまった部分は、剥がして張り替える必要があるでしょう。

 

5.人工木のウッドデッキはメンテナンスフリー

ウッドデッキには天然の木を使ったものと人工の木を使ったものがあります。

①人工木の特徴
ウッドデッキに使われている人工木は見た目もさわった感じも天然の木とそれほど変わりませんが耐久性が高く30年ほど持つといわれています。
ウッドデッキに使われる人工木の床板は樹脂(プラスチック)と木材から作られた木の粉が混ざった素材でできているので変色やささくれ、シロアリ被害などがでにくいのも特徴。
天然木のコケやカビなどのメンテナンスにかかる手間や腐敗や虫の被害をなくしつつも天然木のような質感がある人気の素材です。
価格は天然木材のハードウッドとあまり変わりません。

◎メリット
湿気を吸収しないので反ったり腐ることがなく劣化はほとんどありません。
また色の種類が多く塗り替えの手間がないので維持するためのコストはかかりません。
●デメリット
天然木ならではの質感や木目がなく、夏場は太陽の熱を吸収して暑くなりやすいでしょう。

②天然木の特徴
ウッドデッキに使われる天然木は、サイプレスなどのハードウッドと呼ばれる硬く耐久性の高いものと、レッドシダーなどの加工がしやすいソフトウッドがあります。

〔ハードウッド〕
組織が密でとても硬い木材です。耐久性がとても高く塗装をしなくても30年以上持つと言われています。腐りにくく天然木特有の風合いや木目などが楽しめます。
人工木と価格に大差はありませんが、天然木のため数ヶ月〜数年で色が変化していきます。また加工に時間がかかるので施工費がかかる場合も。
〔ソフトウッド〕
柔らかい木材のためハードウッドに比べて雨や湿気を吸収しやすく、数年おきに塗り替えしてメンテナンスする必要があります。
但し、常に雨ざらしではない場所では劣化するスピードは遅く、ハードウッドに比べて価格は安くなります。

 

6.まとめ

屋外にあるウッドデッキはコケやカビなどの被害も受けやすいので、定期的に塗装をしてあげることがきれいにウッドデッキを長持ちさせるコツです。

ウッドデッキがそこまで広くなくても、きれいに塗り替えるのは素人では難しく、数日で終わらせるのは難しいかもしれません。

見た目や機能性に優れた塗料の相談などもプロに依頼することをおすすめします。

 

ご相談は「マサキホーム」まで!

無料でお見積もり・現地調査を行っております。小さな不安や疑問も是非お気軽にマサキホームまでご相談ください!

 □■ お電話でのお問い合わせは
    フリーダイヤル 0120-910-615 ■□
 □■ メールでのお問い合わせは
    info@masaki-home.com ■□
マサキホーム㈱ お問合せ窓口 担当 山根 

 

  外壁工事に関する情報はこちらを ご覧ください! 

 

tel

羽アリ大量発生の原因は?対策と駆除方法を解説!(2021年5月27日 現場ブログ更新)

こんにちは。川崎市宮前区リフォーム会社のマサキホーム株式会社です。

ぴったりと窓を閉めていたはずなのに、家の中にたくさんの羽アリ…!
この羽アリ、なんと窓を閉めていても入ってきてしまうのです。
また黒く見える羽アリが家の木材を食い荒らすシロアリの可能性も。
ここでは羽アリが大量に発生する原因、駆除方法と予防策を詳しく解説していきます。

 

1.羽アリが大量発生する原因

①新しい巣を作るため
羽アリは結婚するためにオスとメスが一斉に巣から飛び立ち、空中で交尾して着陸した場所で新しい巣を作ります。
「結婚飛行」と呼ばれていて、クロナガアリは4月頃から、ヤマトシロアリは4月〜5月の暖かく湿度の高い時期に飛ぶと言われています。
巣作りに選ばれた場所と考えるとおそろしいですね…!

②近くに公園や山がある
数匹程度なら近くから飛んできただけの可能性があります。
羽アリは巣にアリが増えすぎると「巣別れ」と言って別の場所に巣を探します。
羽アリの飛行距離は約100mと言われていて、近くに公園や山があれば新しい巣を作る場所として家が選ばれる可能性は充分にあるでしょう。

③家から漏れる光に集まってくる
羽アリは明るい光に集まる特性もあり、夜に家からもれる光があればそこを目指して集まってきてしまいます。
例として逗子のマクドナルドでは、羽アリが店内に集まるのを防ぐために店内の照明を一部消すなどの対応をしたことも。それでも大量に羽アリが集まってしまい、ハンバーガーなど販売を一部停止したこともあったそうです。

 

2.羽アリはどこから入ってくるの?

①羽アリは網戸の隙間は余裕で入れる
一般的に使われている網戸の目は1,15ミリ程度ですが羽アリは0.6mmの隙間からは入ってくることができると言われています。
網戸の目は細かいものだと0,67ミリや0,84ミリのものもあります。目が細かいほど入りにくいでしょう。

②サッシの隙間から
羽アリはサッシにできるほんのわずかな隙間からも侵入してきてしまいます。
窓の構造上仕方ないのですが、ぴったりと閉めたつもりでもレールの部分にはわずかな隙間ができてしまい、二重窓から羽アリが入ってきてしまうこともあります。

③蟻酸(ぎさん)という物質を出してコンクリートを溶かす
アリの種類によっては、蟻酸という物質を出してコンクリートを溶かすことができます。シロアリは蟻酸を出すことはできませんが、触れたものをかじるという性質があるためコンクリートでも金属でもアゴで噛み砕いてしまいます。
このためコンクリートにある配管の貫通部や水抜き穴、土間コンクリートと基礎の間や日々から侵入してきてしまうのです。

 

3.羽アリの駆除方法と効果は?

①掃除機で吸う
一番簡単な方法で、一時的に駆除する効果はあります。掃除機で吸った羽アリ以外には、被害がないので逃げてあちこちに分散してしまう可能性は低くなります。サイクロン式だと捨てるのが気持ち悪いし、生きてる可能性が高いので捨てるのに勇気が入りますね。

②スプレーの殺虫剤を噴射する
アリの殺虫スプレーには、即効性のものなどいろんな種類のものが売っています。
スプレー式の殺虫剤を使えば素早く駆除することができますが、羽アリがシロアリだった場合、逃げていったシロアリは巣の中へ潜り込んでしまうので一時的な対処法と言えるでしょう。

③粘着テープを貼る
壁や家具などに留まってる羽アリは、ガムテープやコロコロなどの粘着テープを貼り付けて駆除できます。そのまま丸めて捨てられる手軽な駆除方法ですね。
また、粘着テープでサッシやドアの隙間を塞いで侵入を防ぐこともできます。

➃バルサンを焚く
バルサンはゴキブリやダニにも効果があるのでゴキブリの仲間とされるシロアリにも効果があると言えるでしょう。
閉め切った室内でバルサンを焚き3時間ほどで駆除が完了します。床下にもバルサンを炊くと、床下から侵入してくる羽アリにも効果があります。

 

4.羽アリが入らないようにする予防策

①ドアや窓の下に殺虫剤をまく
羽アリは網戸やサッシのわずかな隙間からも入ってきてしまいます。
開いてしまう隙間を修理したりサッシの隙間をテープで塞いだりすることも対処法になりますが、窓の下に粒状の殺虫剤をまくか、置き型タイプの駆除剤を置いておくのも効果的です。

②網戸の目を細かくする
羽アリは網戸の細かい目からも入ってくることは先ほど説明しましたが、どうしても網戸にしておきたい部屋では、隙間に対策をして0.67ミリ程度の目の細かい網戸に変えることはひとつの対策になるでしょう。

③遮光性のあるカーテンにする
羽アリは光に向かって集まってくる習性があるので、羽アリが入ってくる方角にある窓は、遮光性の高いタイプのカーテンに変えるのも羽アリの侵入を防ぐ対策になります。
また、家の外に誘導灯を置いて屋内への羽アリ侵入を防ぐのも対策になるでしょう。

➃割れ目や隙間をなくす
家に使われている建材の多くは劣化すると、ひび割れが起きてくることがあります。
湿度があり居心地のいい床下にいるアリが、小さなひび割れから道を作って家の中に侵入してくることも考えられます。
またベランダや外壁は、雨や直射日光にさらされてひび割れが起きやすいので、わずかなひび割れにもアリの道を作る可能性はあります。

 

5.黒い羽アリもシロアリである可能性がある


実は、黒アリに見える羽アリがシロアリであることはよくあります。
シロアリは見えないところで大量に繁殖して、家の内部にある木材をスカスカにしてしまうのです…!

(1)シロアリは黒アリ特有のくびれがない

小さい羽アリは同じように見えますが、黒アリには胴体のくびれがありシロアリには胴体のくびれがあまりありません。

①シロアリの特徴
シロアリはアリ特有のくびれがほとんどなく、触覚が数珠のような形をしています。
また前後の羽の大きさが同じなのが大きな特徴です。
羽アリの羽が大量に落ちていることがりますが、シロアリの羽はとても抜けやすい特徴があり、大量に落ちてる羽が同じ大きさの羽だった場合は、シロアリの可能性が大きいでしょう。

②黒アリの特徴
黒アリの羽アリは地上でよく見かけるアリと同じように胴体と腹の間にアリ特有のくびれがあり、触覚は「く」の字になっていて数珠状ではありません。
シロアリと同じように黒アリにも4枚の羽がありますが、白アリは4枚とも同じ大きさの羽なのに対して黒アリは前後の羽に大小の差があります。
またシロアリは羽が簡単に落ちますが、黒アリは強く引っ張らないと抜けません。

(2)シロアリ駆除の業者に依頼した方がいい場合

羽アリを一時的に駆除できても家の内部に巣を作っている場合は駆除することができず、木材を栄養としてどんどん繁殖してしまいます。
シロアリが家に住み着いている場合はいくつかの特徴があります。

①家の周りにある木材が虫食いのようになっている
枯れた木や腐った木はシロアリにとって住み心地がよく、ウッドデッキや枕木もシロアリの巣になりやすい場所です。常に雨や紫外線にさらされて適度に水分を含んでいる木材はやわらかく、巣を作りやすいのです。
ボロボロになっている木の内側には、大量のシロアリがいる可能性があります。

②床がフカフカしている部分がある
床を踏むとフカフカしている場所がある場合は要注意です。通常シロアリは土の中で暮らしていて、日差しにあたると死んでしまいます。そんな弱いシロアリにとって、日差しに当たることなく適度に湿度のある床の下はとても居心地のいい場所なのです。
床下や基礎部分に土で作られた筋状のものがあればシロアリの通り道である可能性が高いでしょう。

③水回りに発生している
お風呂場やトイレ、台所などの水回りもシロアリが好む環境です。
毎日水を使う場所なので、常に湿気があり暖かく巣を作るにはいい環境なのです。
特にタイル貼りの浴室は目地の割れ目から水が内部に侵入しやすいので、お風呂場の床下は常に湿度が高い状態です。
お風呂場で大量に羽が落ちていたらシロアリの可能性が高いでしょう。

➃砂状のものを家の中で見かけた
家の中で砂状のものを大量に見つけたら、すでにシロアリが木材の中に巣を作っている可能性があります。シロアリは木材の中から出てくるときに、木くずや木材を食べたフンを出すことがあります。また輸入家具などにひそんでいるアメリカカンザイシロアリは乾燥している木材を食べる特徴があります。
木材の近くに木くずのようなものが落ちていたらシロアリの出したフンや木くずかもしれません。

 

6.まとめ

羽アリは黒アリの場合とシロアリの場合があります。
もしもシロアリが家の中に住み着いてしまった場合、素人が家の内部まで駆除することは不可能です。
シロアリかもしれない、と思ったらできるだけ早く業者に依頼して判断してもらうことをおすすめします。

 

ご相談は「マサキホーム」まで!

無料でお見積もり・現地調査を行っております。小さな不安や疑問も是非お気軽にマサキホームまでご相談ください!

 □■ お電話でのお問い合わせは
    フリーダイヤル 0120-910-615 ■□
 □■ メールでのお問い合わせは
    info@masaki-home.com ■□
マサキホーム㈱ お問合せ窓口 担当 山根 

 

  外壁工事に関する情報はこちらを ご覧ください! 

 

tel

外壁塗装・屋根塗装のよくある失敗例をご紹介!失敗を避ける解決策も解説(2021年5月20日 現場ブログ更新)

こんにちは。川崎市宮前区リフォーム会社のマサキホーム株式会社です。

外壁や屋根の劣化が気になってきたら、塗装の塗り替えを検討すると思います。家を守る外壁や屋根の塗装は、しっかりと行いたいですよね。

今回は、外壁塗装・屋根塗装の際によくある失敗例をご紹介。失敗しないためにはどうすれば良いかも解説します。これから外壁・屋根塗装をしたいと考えている方は参考にしてください。

 

外壁塗装や屋根塗装の失敗例とは?

「外壁塗装をしたいけど、失敗したくない」
「屋根塗装の失敗例ってどんなケースがあるの?」など、外壁塗装や屋根塗装の失敗例を自分の家の施工に役立てたいとお考えの方はいませんか?

初めて行う方は、今まで工事をしてきた方が、どのような失敗をしていたか気になることでしょう。周りに経験者がいないと、なかなか失敗例を聞くことができませんよね。
それでは、外壁塗装や屋根塗装でよくある失敗例をご紹介していきましょう。

 

①費用が想像以上に高額になってしまった

外壁塗装・屋根塗装をする場合は、見積もりをお願いしてから工事に進むことでしょう。しかし、工事をしているうちに、見積もり段階ではわからなかった補修部分が出てくる場合もあります。

建物の劣化が進んでいると、塗装の前に劣化箇所の補修をしなければなりません。特に外壁や屋根の定期点検を怠っていた場合は、内部の水漏れや塗膜のひび割れを起こしている範囲が広がってしまいます。見積もりの際には外壁や屋根の内部の状況までは把握することができません。
そのため、工事の段階になってから追加の補修費用がかかる場合が多々あります。

後から費用が上乗せされることを防ぐためにも、外壁や屋根は5〜10年を目安に定期点検を行うことをおすすめします。定期点検を行うことで、外壁や屋根の異常にすぐ気づくことができるでしょう。異変に気づくことができれば、早めに対処することもできますよね。

また、見積もりの際には追加費用についての確認も忘れずに行ってください。工事が必要となる可能性があるかどうかや、どれくらいの費用がかかるかは事前に確認し、不当な金額ではないかチェックすることが大切です。事前に確認しておくことで、追加費用がかかった場合の費用も頭に入れて計算することができます。

初めて外壁塗装や屋根塗装を行う方の中には、塗装費用の相場がわからないという方も多いでしょう。そのような方は、複数の業者から相見積もりを取るようにしてください。複数の業者を比較することで、費用の相場を知ることができます。高すぎる業者や安すぎる業者は選ばないようにしましょう。

 

②悪徳業者に依頼してしまった

外壁塗装・屋根塗装を行っている業者は数多く存在します。どこに頼めば良いかわからず、適当に頼んでしまうと悪徳業者に当たってしまうかもしれません。悪徳業者に依頼すると法外な金額を請求されたり、工事に不備が出てしまう可能性があります。

悪徳業者に当たらないためには、訪問販売業者に気をつけることが大切です。悪徳業者は訪問販売で「今すぐ工事をしなければならない」など、皆さんの不安を煽るような営業をしてきます。また、考える隙を与えないために「今日契約してくれたら、これだけ割り引きます」など巧みな話術で、即日契約を進めようとする場合がほとんどです。

訪問販売業者全てが悪徳業者というわけではありませんが、優良な業者であれば皆さんに考える時間をしっかり与えてくれます。訪問販売業者から工事を進められたら、別の業者にも点検をお願いすると良いでしょう。複数の業者に依頼することで、嘘を言っている業者がいれば見分けることができます。そして依頼する場合は、安心して工事を任せられる業者を選んでください。少しでも不安がある業者には、依頼しないようにしましょう。

 

③思った色と違う仕上がりになってしまった

工事を行う前にカラーサンプルを見せてもらい、どの色にするか決めると思います。しかし、実際に家の外壁や屋根に塗ってみると、思っていたものと違う仕上がりになってしまったという声も少なくありません。

これは「面積効果」という目の錯覚が原因です。カラーサンプルだと小さいサイズのため、大きな外壁や屋根に塗ってしまうと、別の色のように見えてしまいます。「思っていた色と違う」という事態を避けるためにも、できるだけ大きいサンプルを見せてもらうようにしましょう。

室内で見た色と外で見た色も、イメージが違う場合があります。可能であれば、外でカラーサンプルを見せてもらうと良いでしょう。当日の時間帯や天候によっても見え方が異なるので、時間に余裕がある人は日程を分けてサンプルを見せてもらうことをおすすめします。慌てて選んだりせず、自分が納得がいく色を選ぶようにしましょう。

また、近所の景観に合わせて色を選ぶことも大切です。自分の好みだけで色を選んでしまうと、自分の家だけが浮いているように感じてしまいます。せっかく綺麗にしたのに、悪い意味で目立ってしまうことは避けたいですよね。色を決める場合は依頼する業者と相談し、周囲との違和感がないか確認するようにしてください。

 

④近所の人からクレームが来た

工事中は、騒音や塗料の飛散の可能性があり、場合によっては近所の人に迷惑をかける場合があります。もし、近所の人からクレームが来たら、今後の近所付き合いにも影響が出てしまいますよね。

工事が始まる前には、業者から挨拶に回る場合がほとんどです。工事の内容や迷惑をかける可能性がある事柄について伝えますが、挨拶が不十分だと近所の人からクレームが来てしまうかもしれません。トラブルを避けるためには、業者が挨拶に行くときにどのようなことを伝えるかを事前に確認しましょう。もしかしたら、そこに住んでいる人にしかわからないような見落としがあるかもしれません。挨拶状もしっかりとチェックし、漏れがないように近所の人に伝えるようにしましょう。

 

⑤値引き交渉をしたら質が悪くなってしまった

外壁塗装や屋根塗装は安いものではありません。できるだけ、安く済ませたいと思うことは当然です。しかし、値引き交渉をしすぎると、塗料のグレードが落ちて施工の品質が悪くなってしまう可能性があります。

もちろん、塗料のグレードが落ちることは説明しますが、グレードが落ちることでどのような影響が出るか想像できないという方も多いことでしょう。せっかく塗装をしたのに、すぐに塗料が剥がれてしまう可能性もあります。塗装した箇所の劣化が早くなってしまっては、せっかく工事をした意味がなくなってしまいますよね。

優良業者の場合、見積もりとして提示するのは最低限の費用のみです。そのため、値下げすることは困難です。無理に値引き交渉をするのではなく、予算を正直に伝えて予算内でできる最適な工事を行いましょう。最適な工事をすることが、家を長持ちさせるためのポイントですよ。

 

◆まとめ

今回は、外壁塗装・屋根塗装をしたときのよくある失敗例をご紹介しました。外壁塗装や屋根塗装を初めて行うという方は、どのように工事を進めれば良いかわからないと思います。そのような方は、先ほどご紹介した失敗例のようにならないよう、わからないことは業者に確認しながら進めてください。

マサキホーム株式会社では、外壁塗装・屋根塗装を承っています。皆さんに安心して施工を任せていただけるよう、丁寧な施工をいたします。

 

ご相談は「マサキホーム」まで!

無料でお見積もり・現地調査を行っております。小さな不安や疑問も是非お気軽にマサキホームまでご相談ください!

 □■ お電話でのお問い合わせは
    フリーダイヤル 0120-910-615 ■□
 □■ メールでのお問い合わせは
    info@masaki-home.com ■□
マサキホーム㈱ お問合せ窓口 担当 山根 

 

  外壁工事に関する情報はこちらを ご覧ください! 

 

tel

雨樋のつまりを解消したい!自分でできる方法は?(2021年5月13日 現場ブログ更新)

こんにちは。川崎市宮前区リフォーム会社のマサキホーム株式会社です。

雨が降るたびに屋根のふちから雨水がボタボタと落ちているのなら雨樋(あまどい)が機能していないかもしれません。
雨樋の掃除なんて考えたこともないかもしれませんが、家の建っている環境によっては枯れ葉や花粉などがたまり詰まってしまうことは少なくないのです。

ここでは雨樋のつまりを解消する方法から対策法まで、詳しく解説していきます。

 

1.雨樋のつまりの主な原因

雨樋は傾斜のある屋根のふちにあり雨水を誘導するように囲われているので、溜まった枯れ葉などが落ちにくいのです。

(1)枯れ葉がたまっている
近くに背の高い木があり枯れ葉が落ちる季節には、屋根に積もった枯れ葉や花粉、黄砂などが風や雨水によって雨樋に入り込みます。
花粉や黄砂は粘着性があり雨水で流れにくいどころか粘土状になっている可能性もあります。

(2)洗濯バサミなどのゴミが詰まっている
お隣の家から飛んできた洗濯バサミやゴミなどが詰まっていることも。集水器だけが詰まっていても雨樋が機能せず雨水が溢れ出してしまいます。

(3)木の根が入り込んでいる
雨水が落ちる地点から植物の根が張る場合と上から根が張る場合があります。縦樋の中に長くしっかりと根が張っていることも
この場合縦樋を切断して刃物などで根を切らないと詰まりが解消されない場合があります。

(4)雨樋が歪んでいる
台風や豪雨などで一時的に雨樋に大きく負担がかかり歪んでしまい、紫外線や経年劣化によって歪んでしまったりして、集水器へうまく水が流れていない可能性もあります。

(5)雨樋マスが詰まっている
雨水が最終的に落ちる場所として浸透マスといって土の中に浸透させるタイプと、下水道に流れるタイプがあります。
どちらの場合もマスの底には雨水とともに流れた土やゴミなどが流れこむのでマスが詰まる可能性もあります。

 

2.雨樋のつまりを解消する方法

雨樋のつまりを解消するには溜まった土や根、枯れ葉などを取り除く必要があります。
必ずはしごや脚立を準備し慣れてる人が作業するようにしましょう。

(1)軒樋の場合
①詰まった枯れ葉などをデッキブラシやトングなどで取り除く
はしごや脚立などを使い、雨樋に詰まっている枯れ葉や土などをデッキブラシや長ほうき、長めのトングなどを使って取り除きます。
軒樋が詰まってる場合は集水器が詰まっている可能性が高いので集水器も確認しましょう。
集水器を軽く叩くと枯れ葉や詰まった土が落ちることもあります。

※高い場所での作業になるので、ヘルメットや命綱などになるロープを用意して、はしごは作業場所まで届くものを使いましょう。また地上の安全が確保されている状態で必ず2人以上で行うようにしましょう。

(2)縦樋の場合
①縦樋の開放口周りを整える
縦樋から開放口となって雨水が落ちるはずの場所が土で埋まっている場合、開放口まわりの土を取り除きます。開放口の下に砂利を敷くと良いでしょう。

②雨水マスが詰まっていたら掃除する
雨水マスが泥やゴミなどで詰まって雨水が流れなくなっていた場合、まず雨水マス周りの土を取り除きます。
雨水マスの底に溜まっている泥やゴミなどを取り除き、排水管の中に詰まっているものもシャベルなどで取り除きます。

③水圧で押し流す
細かい土や汚れなどは水圧の切り替えられるホースがあれば一番強い水圧に切り替えて押し流しましょう。
見えない縦樋の中が詰まっていないか確認する方法にもなります。

➃ワイヤーブラシで汚れを崩す
排水管などの掃除に使うワイヤーブラシは5m、10m程度のものは2000円〜5000円程度で売っているものもあります。
下から突っ込んで上まで押し上げられれば安全ですが、開放口が詰まっている場合は上から入れた方が作業しやすいでしょう。

 

3.雨樋のつまりを放置しておくとどうなる?

雨樋は雨水が外壁にまわるのを防いだり、雨水が適切な場所へ流れる役割をしています。
雨樋を詰まったままにしておくとそれらの役割が機能しなくなってしまいます。

(1)外壁に水がまわり雨漏りが起こる
サイディングのつなぎ目であるコーキング材のひび割れや、外壁、基礎部分にひび割れがあった場合、雨漏りに繋がる可能性があります。
雨樋が機能していないと屋根から外壁へ水がまわってしまいます。
壁からの雨漏りは多く、雨漏りを放置しておくと外壁内部の木材の劣化を早めてしまい、シロアリの原因になることもあります。

(2)蚊の発生原因になる
蚊は1週間以上水が溜まっている場所から発生すると言われています。
水はけの悪くなった雨樋にはいつでも水が溜まっている可能性が高く、蚊の発生スポットになっているかもしれません。
反対に水たまりがない場所では蚊が発生することはありません。
また、屋根や外壁から落ちた雨水が敷地内に水たまりを作る原因にもなります。

(3)お隣に泥水が跳ねて汚してしまう
詰まった雨樋には枯れ葉や土などが溜まっていることが多く、雨が降るたびにお隣の家の外壁や窓、お庭に泥水が飛んでいる可能性もあります。
年数が経っていてやひびが入ってしまった雨樋では、泥などが詰まり蓄積がかさむと、雨樋自体が壊れてる可能性もあります。
台風や豪雨でお隣の家を傷つけるということにもなりかねません。

 

4.雨樋つまりが起きないようにするには?

雨樋の詰まりを解消しても、近くに大きな木などがあれば再び詰まってしまうかもしれません。いつでも雨水がスムーズに流れるように対策しましょう。

(1)落ち葉よけネットをつける
効果的でお手頃なのが落ち葉よけネットです。
網を貼るだけの対策方法もありますが、丸めて雨樋に入れるタイプのものが多く、屋根と雨樋の隙間が極端にせまくなければ取り付けが可能です。

網でフタをするように取り付けるので、枯れ葉は雨樋に入ることなく雨水だけが落ちる仕組みになっています。
大きな落ち葉は網目から入りませんが、針葉樹のように細い葉っぱは網の目から入ってしまったりささってしまったりすると取り除くのが難しいことがデメリット。
取り付けるか取り付けないかの判断基準は周りの環境にもよるでしょう。

(2)雨水の出口が埋まっていないか確認する
雨水が最終的に流れて出る開放口の下が土の場合は、大雨が降ったあとに埋まっていないかチェックしておきましょう。
また、ベランダから雨水が落ちるようになっている排水口からゴミが入り込み詰まってしまうこともあるので、ベランダを掃除するときには排水口にゴミや泥などが溜まっていないか確認しておきましょう。

 

5.業者に依頼した方がいい場合

高い場所にある雨樋のつまりを自分で掃除するのは慣れない方だととても危険なので基本的には業者に依頼しましょう。

(1)2階以上の家である場合
建物によって違いはありますが、1階にある雨樋の高さは3mほど、2階にある雨樋の高さは6,5mほどになります。
はしごを使用中の転落事故の多くはバランスを崩すこと、はしごが回転してしまう、倒れてしまうことです。
はしごの幅は狭く、高い位置に行くほど不安定になります。
業者でも足場を組んで作業をすることがほとんどなので、2階での作業は業者に依頼しましょう。

(2)雨漏りしている
雨漏りをしている場合は早めに修理しておきましょう。
一度でも雨漏りをしていれば放置しておいて直ることはありません。
放置しておくと室内の湿気が高くなり、カビやダニが繁殖するだけでなく、木材を食い荒らすシロアリ被害につながります。

住宅で発生するシロアリの8割は雨漏りが原因とも言われているので、雨漏りの放置は危険です。
雨樋の詰まりに気づいたらできるだけ早く対処することをおすすめします。

 

ご相談は「マサキホーム」まで!

無料でお見積もり・現地調査を行っております。小さな不安や疑問も是非お気軽にマサキホームまでご相談ください!

 □■ お電話でのお問い合わせは
    フリーダイヤル 0120-910-615 ■□
 □■ メールでのお問い合わせは
    info@masaki-home.com ■□
マサキホーム㈱ お問合せ窓口 担当 山根 

 

  外壁工事に関する情報はこちらを ご覧ください! 

 

tel

TOTOのUD(ユニバーサルデザイン)にはどんな商品がある?(2021年5月6日 現場ブログ更新)

こんにちは。川崎市宮前区リフォーム会社のマサキホーム株式会社です。

今まで特に問題なく快適に過ごしてきたはずの自宅が、最近なんだか生活にフィットしてないかもしれないと思うことはないでしょうか。

たとえば!...
★「新居を構えてから数十年、これまで快適に暮らしてきたが、最近生活する中でスムーズに動きずらいなぁ……という場面が増えてきたように思う」
★「離れて暮らしている両親が少しでも心地よい生活を送れるよう、体に負担のない商品を使ってリフォームしてあげたい」
★「家族に介護が必要になったため、リフォームして家族全員が気持ちよく元気に過ごせるようにしたい」
  ....と感じたことは無いですか?

お年を重ねるにつれ、「ここに手すりがあれば……。」・「ここの段差がなければ……。」・「ここの台がもう少し低ければ……。」など、あともう少し改善できれば生活が楽になるかもしれません。
日頃そのようことをお考えの皆さまの一助となりますように、今回はユニバーサルデザイン商品についてお話しします。

この記事では、おすすめのTOTOUD(ユニバーサルデザイン)商品「住宅向け車いす対応洗面」「手すり」をご紹介します。バリアフリーリフォームの際の参考にしてみてください。

 

◆UD(ユニバーサルデザイン)とは?

年齢や性別、国籍や能力の違いに関わらず誰でも使いやすいように考えられたデザインのことです。
例えば、「右左どちらの利き手でも思い通り柔軟に使用できる」ことなど、7つの原則があります。

 

1.TOTOのUD(ユニバーサルデザイン)とは?

「ラクさ・操作のしやすさ・ここちよさ・えらべること・安全安心」であることの5つの原則をモットーに商品の開発が行われています。
商品をお使いになるさまざまな方々を想定し、1人1人がどんなことに困っていて、どうしたら改善できるのか、とことん考え進化を続けています。

こうして開発されたユニバーサルデザイン商品のなかから、今回は特におすすめの商品を解説します。

 

2.TOTOのUD(ユニバーサルデザイン)、おすすめの商品は?

(1)住宅向け車いす対応洗面

住宅向け車いす対応洗面は、車いすをご使用の方でも、立ちっぱなしの状態が難しい方やお辛い方でも、ゆっくり洗面台を使用することができる商品になります。
それでは、商品の特徴を解説します。

①低い姿勢のまま使える
いすに座った状態でも、車いすに乗った状態でも、収納してある商品や水栓に手が届きやすいのが特徴です。
わざわざ人を呼ばなくても、自分だけで簡単に整髪料や化粧水の出し入れを行い、マイペースに身支度を整えることができます。

②2種類のタイプを選べる
「エンドパネル式」と「昇降式」の2種類があります。
「エンドパネル式」は両サイドがパネルでおおわれたタイプです。
間口は750mm・900mm・1000mm・1200mmの4種類、あふれ面の高さは700mm・750mmの2種類あります。
「昇降式」は、あふれ面高さが650mm~800mmの間で自由に上げ下げ出来るのが特徴です。間口は900mmのみとなっています。

車いす・いすを使われる方や小柄な方であれば650mm、立って使われる高身長な方であれば800mmというように、誰でも心地よく使えるようになっています。

③車いすのままでもラクラク作業
車いすや、いすに座ったままでも、過度に前のめりになる必要がなく無理のない範囲で作業ができます。
配管が奥にまとまっているため、足元のスペースに余裕があり、水栓金具も手の届きやすい位置に設定されています。

➃細かい工夫が盛り沢山の洗面ボウル
洗面ボウルには、誰でも使いやすくするための工夫が8個も詰め込まれています。

a.低い姿勢で使う人が嬉しい、物が置きやすいゆとりのあるカウンターになっています。
b.石鹸のように濡れてしまうものと、ハンドクリームのように濡らしたくないけどよく使うもの。それぞれ別々に置けるエリアが設けられています。
c.介助を行いやすいよう、横からでも寄り添いやすいボウル型の形状になっています。
d.ボウルの前面部分を低くすることで、手が疲れてしまわないようサポートすることができます。又、ボウル前面部分が掴みやすいように薄くなっているのも特徴です。
e.手を洗っているときの腕置きスペースを広くし、体を支えやすいようになっています。
f.ボウル型の形状であることによって、体に寄り添うため立って手を洗うときも寄りかかることで無理なく安定した姿勢でいられます。
g.大型目皿で髪の毛などをしっかりきゃっちし、排水管のつまりを抑えられます。
h.ボウルの底面が平らなため、コップなどの容器も安定して置くことができ、片手でも簡単に水を入れることが可能です。

(2)手すり

一言で手すりと言っても、様々な種類がありますのでご紹介します。お困りごとにあわせた手すりを選択できるよう、参考にご覧ください。

①移動をサポート:住宅用屋外手すり

TOTOより引用

例え低い段差であっても、玄関前に階段があると移動がつらく、とても時間のかかってしまうことがあります。こういった場所で屋外の伝い歩きを手助けする手すりです。

②玄関動作をサポート:フリースタイル手すり

TOTOより引用

フリースタイル手すりは、玄関動作をサポートするだけでなく、取り付け場所に合わせて自由に作れるタイプの手すりです。

サイズは2種類。つたい歩きを支えるのに適当な35mmサイズと、上下の移動など握ることが必要な場合に適当な32mmサイズがあります。又、凹凸があり握りやすいタイプと、木目がきれいでフラットなタイプも選択可能です。

③トイレでサポート:トイレ用手すり(システムタイプ)

TOTOより引用

便器へ座る際の後ろへの衝撃を弱くし、着脱時の介助にもなる便利な手すりです。また、ご使用される方の体の状況に合わせてアシストバーや背もたれを外すことも可能です。

アシストバーは左右どちらにも設置可能。アームレストは左右を入れ替えての幅調整や、高さの調整もできます。

➃トイレでサポート:前方ボード(はね上げタイプ)

TOTOより引用

排せつしやすいよう前かがみが必要なとき、姿勢を安定することが出できる手すりです。長時間とることがつらい前傾姿勢を支えます。

⑤お風呂でサポート:インテリア・バー(Iタイプ)

TOTOより引用

浴槽への出入りをサポートする手すりです。浴槽に入るときに滑って転ばないよう、またぐときにバランスをくずさないよう、浴槽から出ようとするときに勢いがつくようサポートします。

壁とバーの距離が120mmあるため、ご自身に近い位置で無理なくバーを握ることができます。

 

3.少しのリフォームで、体への負担を減らしましょう

TOTOのUD(ユニバーサルデザイン)商品のなかから、「住宅向け車いす対応洗面」と「手すり」についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

ちょっとつらいな……、ちょっとスムーズに動けないな……という日頃のモヤモヤも、細かい工夫がなされている洗面台に変えたり、手すりをつけてみることで大きく改善されるかもしれません。この機会に是非、ユニバーサルデザインについてご検討されてみてはいかがでしょう。

バリアフリーリフォームのご相談は「マサキホーム」まで!

TOTOのUD(ユニバーサルデザイン)についてご紹介してきましたが、費用や工事日数など具体的なご相談につきましてはいつでもご連絡ください。
無料でご相談・お見積もりにご対応させていただきます。

また、少しでもご不明な点やご心配な点がありましたらお気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

 □■ お電話でのお問い合わせは
    フリーダイヤル 0120-910-615 ■□
 □■ メールでのお問い合わせは
    info@masaki-home.com ■□
マサキホーム㈱ お問合せ窓口 担当 山根 

 

  外壁工事に関する情報はこちらを ご覧ください! 

 

tel

ファインパーフェクトベストってどんな塗料?屋根の塗料選びについてもご紹介!(2021年4月26日 現場ブログ更新)

こんにちは。川崎市宮前区リフォーム会社のマサキホーム株式会社です。

家の屋根や外壁の塗り替えを検討されている方は、塗料選びをどのようにされていますか?
塗料の種類は施工業者によっても違うので、どれを選べば良いか分かりませんよね。
屋根は家の中で最も太陽の光を浴びています。紫外線の影響で劣化が早い箇所でもあるので、定期的なメンテナンスが不可欠です。屋根の劣化が気になっている方は、屋根の塗装をお考えのことと思います。

そこで今回は、日頃から屋根の塗装についてお悩みの皆さまへの一助となりますように、屋根用の塗料である「ファインパーフェクトベスト」をご紹介します。そして、屋根の塗料選びのポイントについてもあわせて解説します。

 

1.ファインパーフェクトベストとは

ファインパーフェクトベストは、日本ペイント株式会社が自信を持っておすすめする商品の一つで、屋根用の塗り替え用塗料として、シリーズ化されています。

塗料の種類は、「ファインパーフェクトベスト」の他に、「ファイン4Fベスト・ファインUVベスト・ファインシリコンベスト・水性シリコンベストII」5種類あり、ファインパーフェクトベストは、2番目に耐候性が高い商品です。

ファインパーフェクトベストは、スレート屋根やセメント瓦、洋瓦など、一般的な住宅の屋根用塗料として幅広く使用することができます。
多くの住宅で使用することができるため、ファインパーフェクトベストを活用している施工業者も数多く、人気の塗料となっております。

続いては、ファインパーフェクトベストの特徴についてご紹介します。

< 参考 ・・・ 日本ペイントの強み >
ファインパーフェクトベストを販売している日本ペイントは、塗料シェア日本一の会社です。多くの施工業者に愛されている企業なので、安心感もあります。塗装を行う場合、全て同じブランドの塗料を使うことで、塗料が持つ効果を最大限に発揮。日本ペイントの塗料は数多く販売されているので、全て日本ペイントの塗料で施工を行うことで、塗料の効果をより発揮します。

 

2.パーフェクトベストの特徴

ファインパーフェクトベストの特徴は、大きく分けて4つ。高耐候性、作業性、豊富な色数、防藻・防カビ性です。

それでは、それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

①高耐候性
日本ペイント株式会社が開発した独自のラジカル制御技術で、紫外線による塗膜の劣化を防いでくれます。塗膜が劣化すると起きてしまうチョーキング現象の対策も万全で、屋根の風化現象を抑えることができるため、美しい屋根を長続きさせてくれます。高耐候性な塗料は、屋根の色あせを防ぐ効果があるので、綺麗な外観を保ちたい方は耐候性をチェックすることをおすすめします。

②作業性

ファインパーフェクトベストは、塗装する際の下地への塗着性が良好です。そのため、ローラー塗装での作業にとても優れています。さらに乾燥も早い塗料のため、塗った場所に足跡が着くことを防止。作業効率のアップにもつながるので、工期削減も期待できます。

③豊富な色数
ファインパーフェクトベストの色の種類は合計で26種類。豊富な色数の中から、皆さんの好みの色を選ぶことができます。色の見本帳を取り揃えている施工業者がほとんどなので、色を決める際は見本帳を参考にしてください。

➃防藻・防カビ性
建物の美観を損ねる「藻やカビの発生」を防ぎます。屋根は常に外気にさらされているため、劣化を免れることはできません。しかし、ファインパーフェクトベストを使用しておけば、他の塗料と比べて、屋根の美観を長期間維持することが可能です。屋根の美しさを保つことで、家全体の印象も明るくなりますよ。

 

3.屋根の塗料選びのポイント

ファインパーフェクトベストがどのような商品なのかをご紹介しましたが、屋根の塗料の選び方がわからないという方も多いでしょう。特に初めての方は、何を重視すれば良いのかわからないと思います。

そこで屋根の塗料選びのポイントについてもまとめてみました。屋根の塗料を選ぶ際には、以下の点にご注意ください。

①塗料の耐久度から樹脂を選ぶ
まず、屋根の塗料を選ぶ際に決めなければならないのが樹脂。樹脂の種類は主に5つあり、ウレタン、シリコン、ラジカル、フッ素、無機です。
それぞれ耐用年数は異なるので、どれくらい耐久性があるものにしたいのかを踏まえて選ぶと良いでしょう。ウレタンだと5〜8年、シリコンだと7〜10年、ラジカルだと8〜10年、フッ素だと10〜15年、無機だと16〜20年だといわれています。

もちろん耐久性が高い方が良いと思いますが、耐用年数が長くなると費用も高くなってしまいます。予算と相談しながら、まずは樹脂を決めましょう。

②特殊機能の選定
樹脂が決定すれば、続いて特殊機能をどうするか決めることになります。
特殊機能にはさまざまな種類があり、夏の暑さを解消したいなら遮熱塗料冬の寒さも対策したいなら断熱塗料屋根の汚れが気になる方は光触媒塗料など、皆さんの家の状況やライフスタイルに応じて選択することが大切です。

特殊機能をつけると費用が上がってしまう場合がほとんどなので、予算を伝えた上で施工業者に相談することをおすすめします。
特殊機能を活用して、さらに快適な家へとしましょう。

③水性か油性の決定
最後に決めるのが、塗料が水性であるか油性であるかです。特にシンナーの臭いが苦手な方は、この選択を誤らないようにしましょう。
シンナーの臭いが気になる方は、水性を選ぶことをおすすめします。しかし、水性だと油性に比べて耐久性が劣ってしまう場合もあるんです。もし耐久性を重視したいなら油性を選ぶべきでしょう。屋根の上なので外壁塗装ほど臭いは気になりませんが、臭いに敏感な方はご注意ください。

屋根の大きさにもよりますが、施工には長いと一週間もかかります。もしかしたら塗料の臭いが原因で、トラブルになるかもしれません。ご家族と相談しながら、水性にするか油性にするかしっかり話し合うことで、施工開始後のトラブルも防ぐことができます。

 

4.まとめ

今回は、ファインパーフェクトベストについて紹介しました。
ファインパーフェクトベストは、塗料業界の中でも有名な日本ペイントから出された屋根用の塗料。屋根の塗料をどれにすれば良いか迷っている方は、塗料としての性能にも作業性にも優れているパーフェクトベストを選ばれてみてはいかがでしょうか?

また、今回は屋根の塗料の選び方についてもご紹介しました。屋根塗装は安いものではありません。塗料だけではなく、施工業者もしっかり吟味した上で施工するようにしましょう。少しでも不安がある場合は、施工業者に納得できるまで確認することをおすすめします。

マサキホーム株式会社では、ファインパーフェクトベストをはじめとするパーフェクトシリーズも取り扱っております。今回ご紹介した塗料はもちろんのこと、皆さまの家に最適な塗料をご提案させていただきます。屋根塗装が初めての方でも安心して施工を任せていただけるよう、施工の方法から金額までしっかりとご説明します。

 

お気軽に弊社「マサキホーム」までご相談ください

「マサキホーム株式会社」では、皆さんのお家に合わせた塗料を提案しております。
外壁や屋根の塗装のことでお困りの方は、お気軽にご相談ください。
無料でご相談・お見積もりにご対応させていただきます。

また、住宅リフォームについてご不明な点やご心配な点がありましたらお気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

 □■ お電話でのお問い合わせは
    フリーダイヤル 0120-910-615 ■□
 □■ メールでのお問い合わせは
    info@masaki-home.com ■□
マサキホーム㈱ お問合せ窓口 担当 山根 

 

  外壁工事に関する情報はこちらを ご覧ください! 

 

tel

 

雨漏りで漏電?コンセントは使っても大丈夫?(2021年4月17日 現場ブログ更新)

こんにちは。川崎市宮前区リフォーム会社のマサキホーム株式会社です。

天井や壁にシミができている、壁紙に浮きがあり雨が降るとひどくなる…なんてことになってしまったら早めに修理をした方が良いですが、壁の中に少しでも雨水があるということはコンセントは使っても大丈夫なのかな?と心配になってしまいますよね。

毎日当たり前に使っている洗濯機や冷蔵庫など、家庭の電化製品にも高い電圧で動いているものは多くあり、雨漏りが原因で漏電していると漏れた電気に感電してしまう可能性があるのです…!

 

1.雨漏りによる漏電がないかチェック

雨漏りは屋根だけが原因ではなく外壁のひび割れた部分や塗装が劣化している部分、サイディングや窓枠のコーキングの劣化した部分から雨水が入って起きます。
防水機能が劣化して雨の水が壁の中で電気の配線や電化製品のコードに入ってしまうと漏電が起きてしまうことがありますが、壁の中は見えないのでコンセントが漏電しているのかはわかりませんよね…。

壁のシミが雨のたびに大きくなっていたり雨が降るとポタポタ雨水が落ちてくるなど明らかな雨漏りや、少しでも不安に感じたら発火や感電の危険性があるので、専門業者に見てもらうまでコンセントは使用しない方が良さそうです。

【こんな症状があれば漏電の可能性4パターン】

①雨が降ると停電する
雨が降るたびに停電するのは漏電を感知してブレーカーが電気を遮断するためです。
感電や火災などの危険から守るための機能です。
安全のために電気を遮断してくれるということですがこれでは生活に影響に大きな影響がありますね。

②電気代が高い状態が続いている
毎月の電気代がいままでよりも異常に高いと感じたら漏電を疑った方がいいかもしれません。
漏電していることをブレーカーが感知して停電になればいいのですがブレーカーが感知しないこともあり、使われている以上の電気がカウントされてしまいむだに電気代が増えてしまうことがあるのです。
これも経済的に大きく影響がありますが電気代は季節によって大きく変動するので気付かないケースもありそうですね…。

③漏電遮断機が落ちる
ブレーカーには大きく分けて3つの種類かあり、アンペアブレーカー、漏電ブレーカー、複数の安全ブレーカーがありますが、漏電ブレーカーが落ちてしまった場合は家のどこかで漏電している可能性があります。

➃建物の金属部分に触るとビリビリする
これは怖いですが、家に使われている金属部分に触った時ビリビリするのは高確率で漏電が起こっています。
緊急性が高い状態なので早急に専門業者に依頼しましょう。
壁や天井のシミだけではなくおかしいと感じることはありませんか?
雨漏りや漏電を放置しておくと、コンセントを使うのが危険だけでなく火災につながる可能性もあるのです…。

 

2.漏電による家のダメージは大きい

①家電の故障
家電本体や電気のコードが水に濡れてしまい壊れてしまうこともありますが、漏電による電圧の異常によって壊れて使えなくなってしまうこともあります。

②電気代の増加
漏電したまま放置していると使っていない電気代が増えていってしまう経済的なダメージがあります。

③感電
漏電を放置したまま湿気の多い場所や濡れた手で絶縁状態の悪い家電に触れてしまうと感電してしまうこともあります。
電流が小さい1mA程度のものでもびりっと痛みを感じますが、10ー20mA以上の電流が体に流れると感電した場所から離れられなくなってしまい命を落とす危険があります。

➃火事
漏電が起こると壁の内部に使われている金属部分が発熱するので、壁の中にあるホコリや壁内部の木材が発火し火災が起こる危険もあるのです。

★漏電とは?
漏電とは本来流れるべき電気のルートを外れてほかに流れ出て行ってしまうことです。
電気は外に漏れ出ない様に絶縁という電気を通さないもので覆われていますが、この絶縁が劣化していたり傷がついていたりすると正常なルートから外れて電気が他へ流れてしまうのです。
また防水性のない家電が水を浴びてしまっても絶縁機能が衰えてしまい漏電が起こります。

コンセントにホコリが溜まって火災が起きるというのはテレビなどで見たことがあると思いますが、これもコンセントとプラグの隙間に溜まったホコリの湿気に漏電し、火災になるということなのです。

 

3.漏電を確かめる方法と対処法

(1)漏電ブレーカーで確かめる方法
①漏電ブレーカーの「切」を確認します。
②アンペアブレーカの「入」を確認します。
③複数並んでいる安全ブレーカーを全て「切」にします。
④漏電ブレーカーを「入」にします。
⑤複数の安全ブレーカーを1つずつ「入」にしていきます。
⑥どれかの安全ブレーカーを入れた時に漏電ブレーカーが切れたら、その配線の回路が漏電していることになります。

詳細な漏電は専門業者がブレーカーを開いて分電盤そのものをテスターを使って調べる必要がありますが、漏電ブレーカーで漏電が判明したら専門業者に依頼しましょう。

(2)電気保安協会か電気工事業者に依頼する
漏電していると思ったら依頼できる業者は電気保安協会、または電気工事業者です。
電気保安協会は家庭、企業を対象に漏電のチェックも含め電気に関係した安全点検を行う団体です。
数年に一回の定期検査も行ってくれるのでその時に依頼すると良いでしょう。
電気工事業者は住宅などの建物における電気工事を行う業者です。電気工事士の資格を持ったプロもいるので、漏電のチェックはもちろん漏電している場所の修理を依頼することができます。

これらの専門御者に依頼する場合、賃貸契約に違反してしまう可能性があるので、アパートやマンションなどの賃貸に住まわれている場合は、大家さんか管理業者に連絡しましょう。

※電気工事業者や東京電力を装い調査や点検と言って多額の請求をしたり、電気給湯器やIHクッキングヒーターなどを高額な金額で売る悪質な業者もいますので注意してください。

 

4.雨漏りしやすい場所と気付くポイント

①外壁
屋根だけではなく意外と多いのが外壁からの雨漏りです。
水道管やガス管といった配管周りの隙間を埋めるコーキングの劣化によるもの、サイディングの外壁では釘周りからのひび割れによって雨漏りしてしまうこともあります。
壁紙のシミや浮き、部屋の中がかび臭いと感じたら壁の中に雨水が染み込んでいる可能性があります。

②屋根
雨漏りというと一番に思いつくのが屋根かもしれませんが、実際に雨風の影響は大きいので屋根は雨漏りになりやすい代表的な場所といえるでしょう。
雨漏りに気づく特徴として、2階の天井にシミができたり天井のクロスが置いてきたり剥がれてくることもあります。

③ベランダ
ベランダは雨水が溜まりやすく紫外線によってひび割れやすい特徴があり、雨漏りしやすい場所でもあります。
また手すり部分は外壁材の上に乗っているため、隙間があると外壁の中に雨水が入ってきてしまうことも。
ベランダの下にある部屋や軒天井にシミができていると雨漏りの可能性があります。

➃窓・サッシ
窓・サッシは家の中と外を貫通している部分です。
窓と外壁に使われている材質が金属とセメントという様に、性質が違うためひび割れが起きやすく、コーキングの劣化などから水が侵入してきやすい場所でもあります。
窓の下のクロスが剥がれたり窓枠から水が出てきて気付くことも。

 

5.雨漏りは放置せず早めに修理しましょう

雨漏りを放置しておくと、家そのものへのダメージだけではなく火災につながることもあるのです…!

雨漏りは家の価値が落ちるとも言われているので、放置しておくのはおすすめできません。
修理は早ければ早いほど被害が少なく費用は安く済み、大きな工事ではなくピンポイントで修理することが可能なのです。
雨漏りや漏電を疑った場合は、必ず専門業者に見てもらいましょう。

 

ご相談はマサキホームまで!

無料でお見積もり・現地調査を行っております。小さな不安や疑問も是非お気軽にマサキホームまでご相談ください!

 □■ お電話でのお問い合わせは
    フリーダイヤル 0120-910-615 ■□
 □■ メールでのお問い合わせは
    info@masaki-home.com ■□
マサキホーム㈱ お問合せ窓口 担当 山根 

 

  外壁工事に関する情報はこちらを ご覧ください! 

 

tel

カビ対策に最適!LIXIL「エコカラットプラス」ってどんな内壁?(2021年4月10日 現場ブログ更新)


LIXILより引用

こんにちは。川崎市宮前区リフォーム会社のマサキホーム株式会社です。

◆「季節の変わり目の不安定なお天気で気分もなかなか落ち着かないけれど…..また、室内の環境もなかなか心地よく保つことが難しくもやもやしてしまう」
◆「年末の大掃除でひとたびきれいになったはずの窓枠やサッシが、よく見ると端っこの方からカビが生えてきている……」
◆「カビ取り剤も使用するけれど、これから春夏に向けてもう少し簡単なお手入れですっきりした空間を保ちたい」

凍えるような寒さを乗り越えて、少しづつあたたかくなってきた今日この頃。外出しづらい状況ではありますが、目的地に向かう道中目に入る桜にほっとしますね。そのような中、ご自宅の室内環境はいかがでしょうか。

急な寒さや雨で結露が起こると、湿度が一気に高くなり、カビにとって繁殖するには絶好のチャンスとなり、お困りのこともあるかと思います。
日頃そのようなことで悩まれている皆さまの一助となりますように、今回はカビ対策に最適な内壁についてお話しします。

この記事では、LIXIL「エコカラットプラス」の特徴と商品ラインナップをまとめました。内壁リフォームの際の参考にしてみてください。

 

『LIXIL「エコカラットプラス」とは』

エコカラットプラスは、LIXILの内壁商品。デザインはもちろん、機能と使いやすさにこだわりがあります。

.エコカラットプラスはどんな内壁なの?

おうち時間が増えてきた今、大事な家族との時間を改めて考えることが多くなってきました。エコカラットプラスは、以前のエコカラットという商品からさらに進化し、毎日の生活を心地よくする機能が充実しています。

エコカラットプラスの特徴は、湿度調整のしやすさ・におい除去・安心の空気環境・掃除のしやすにあります。詳しく解説します。

①加湿・除湿両方できる
エコカラットプラスは、梅雨の時期など湿気の多いときには湿気を吸収し、冬場の乾燥する時期には湿気を放出することができます。珪藻土は、水分を素早く吸収することでお風呂のバスマットなどによく使われていますが、エコカラットプラスはその約6倍の効果があります。

室内がジメジメしていると、「ちょっと生活しづらいな……」という思いが溜まり、気がついたら家にいながら全くリラックス出来ていない状況に陥ってしまうでしょう。そういった面でエコカラットプラスを取り入れることにより、結露に対応し、カビダニ繁殖を抑える効果を期待できるのが特徴です。

②脱臭できる

LIXILより引用

エコカラットプラスは、においの原因となる成分をしっかり吸い込み、珪藻土などより時間をかけずに嫌なにおいを取り除くことができます。
同じ屋根の下で暮らす住人が多ければ多いほど、頻繁にホームパーティーを開けば開くほど、トイレの使用頻度が増えたり、生ごみが多くなったり、たばこを吸う人もいるかもしれません。複数のにおいが混ざった嫌なにおいにも効果があります。

また、普段ペットと過ごされている方にとってもエコカラットプラスは有効的で、愛犬と一緒に過ごしながらもにおいを気にせず友人を招くことができるようになったという声もあります。

③有害物質を減らせる
ホルムアルデヒドなどの揮発性有機化合物は、濃度が濃くなるとめまいや倦怠感などが起こります。特に小さなお子様はその影響を受けやすく、細心の注意が必要です。

エコカラットプラスは、シックハウスの原因となるホルムアルデヒドなどを原料に使っていないだけでなく、空気中にある有害物質を吸い込み、減らすことができます。珪藻土などよりも、はるかに軽減します。

(一財)日本建築センター「室内空気中の揮発性有機化合物汚染低減建材認定基準」およびJIS A1905-1の試験方法で、高濃度のホルムアルデヒド・トルエンが1日でガイドラインを下回り、その後も低減効果が持続されることも確認されているため、安心です。

④水拭きできる

LIXILより引用

エコカラットプラスは、湿気は通しても、水や汚れはほぼ通しません。そのため湿度調整をする建材であるにもかかわらず、水拭きによるお手入れが可能です。

泥などのよごれや手アカ、コーヒーをこぼしてもさっと拭き取ることで、いつでも簡単にきれいな状態に戻すことができます。繰り返し拭いても、摩耗にも強いことが確認されています。

 

2.エコカラットプラスはどんな素材でできているの?

①ヒントは、「土壁」
エコカラットプラスは、日本で古くから伝わる土壁の素材をヒントに作られているのが特徴です。LIXILの技術と合わせて常に進化し続け、環境や人にやさしくあるよう考えられています。

②空気の通り穴
エコカラットプラスには、空気が通る穴がありますが、その穴のサイズは湿気やにおいを吸い込むのに最適な大きさになっています。1mmの百万分の1という、すごく細かいところで研究された秘術です。
穴の数も多いので、他の素材と比較したときに優れた空気洗浄力を発揮します。

③他にはない風合い
エコカットプラスの「石膏型」は、熟練の職人の手作業によってレリーフや柄模様が美しく組み合わされているのが特徴です。
また、釉薬を使用することで他の素材には出せない風合いになります。

④賞を受賞しています
「レッド・ドット賞」
ドイツのノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター主催のデザイン賞「レッド・ドット賞」の中でも最優秀デザイン賞である「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」を受賞

他にも、(一社)日本建材・住宅設備産業協会より「調湿建材」の登録を取得したり、(一財)日本建築センターより審査証明「室内空気中の揮発性有機化合物低減技術(建材)」などを取得しています。

 

3.エコカラットプラスにはどんな商品があるの?

エコカラットプラスには多くの種類がありますので、おすすめの商品をご紹介します。

①ファインベース(5,800円/㎡)

LIXILより引用

居間や寝室など、長時間滞在する場所で使用すると落ち着く定番の商品です。カラーバリエーションは、ホワイト・オフホワイト・ベージュ・ライトブラウン・グレー。

②キルト(8,600円/㎡)

LIXILより引用

織り方の異なる布地の浮き彫り細工が組み合わせられているデザイン。アクセントの欲しい場所にあると嬉しいデザインです。カラーバリエーションは、ホワイトとグレーベージュ。

③ビンテージオーク(12,900円/㎡)

LIXILより引用

その名の通り、ビンテージ感のある木目柄のテクスチャーデザインです。自然な風合いを作り出したい場所に最適です。カラーバリエーションは、アイボリー・ベージュ・グレイッシュブラウン・ブラウン。

④ドリス(12,900円/㎡)

LIXILより引用

フィンランドで有名なテキスタイルブランドJohannaGullichsen(ヨハンナ・グリクセン)のデザインです。カラーバリエーションは、グレー・ブルー・イエロー・ピンク。

ストーングレース(12,900円/㎡)

LIXILより引用

大きな砂岩の流れるような模様のデザインです。高級感のある空間を演出したい場所に最適です。カラーバリエーションは、グレー・ベージュ・ダークグレー・チャコール。

⑥スモークウッド(12,900円/㎡)

LIXILより引用

柾目の木目柄と曲面の浮き彫り細工が特徴的です。シックな雰囲気を醸し出したい場所に最適です。カラーバリエーションは、グレー・ダークブラウン・ダークグレー。

 

4.まとめ

今回は、LIXILの内壁商品エコカラットプラス」について紹介しました。
エコカラットプラスは、「湿度の調整」「生活臭の脱臭」また「ホルムアルデヒドなどの有害物質を低減する」といった効果・機能があります。

エコカラットプラスの価格・施工費用は、㎡単価は、施工費込みで平均9,600~24,000円前後ですが、採用する柄や種類によって、グレード・金額が異なります。
なお、施工にかかる価格・費用について注意すべきなのが「使用するエコカラットの枚数」および「施工する面積」です。エコカラットの1枚あたりのサイズは、303mm角です。
施工場所に合わせてカットや加工を必要とする場合には、別途で工賃がかかります。
施工の際は、リフォーム会社と予算について相談しながら、張る場所やデザインを具体的に決めると良いでしょう。

マサキホーム株式会社では、エコカラットプラスのほか、多くのLIXIL商品を取り扱っております。今回ご紹介した商品はもちろんのこと、ご相談の際には皆さまのお住まいに最適なご提案させていただきます。

 

お気軽に弊社「マサキホーム」までご相談ください

「マサキホーム株式会社」では無料でご相談・お見積もりにご対応させていただきます。
住宅リフォームについてご不明な点やご心配な点がありましたら、お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

 □■ お電話でのお問い合わせは
    フリーダイヤル 0120-910-615 ■□
 □■ メールでのお問い合わせは
    info@masaki-home.com ■□
マサキホーム㈱ お問合せ窓口 担当 山根 

 

  外壁工事に関する情報はこちらを ご覧ください! 

 

tel